ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-086

醒睡笑 巻4 そでない合点

44 借銭を乞ひにいくたび人をつかはせどもなすことなし・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

借銭(しやくせん)を乞ひに、いくたび人をつかはせども、なすことなし。さらばとて、直(ぢき)に行く。

「これの亭主、道善にあはむ」と言ふ時、亭出でて、「道善は留守に候ふ」と言ふ。「いや、そちは道善ではなきか」。「さて、ここな人は、亭主の道善が直にあひて留守と言ふを、疑はるるかや1)」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 借銭(しやくせん)を乞(こひ)に幾度(いくたび)人を遣せどもなす事
  なしさらはとて直(ちき)に行(ゆく)これの亭主道善(たうぜん)
  に逢(あは)むと云時亭出て道善はるすに候と云
  いやそちは道善てはなきか扨ここな人は
  亭主の道善か直に逢てるすと云をまだ
  かはるるかやと/n4-53r
1)
「疑はるるかや」は底本「まだかはるるかや」。諸本により訂正。


text/sesuisho/n_sesuisho4-086.txt · 最終更新: 2022/01/19 22:51 by Satoshi Nakagawa