ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-083

醒睡笑 巻4 そでない合点

41 山より里に出づる者二人連れ立ちある川の橋を渡るとて・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

山より里に出づる者、二人連れ立ち、ある川の橋を渡るとて、水底をありく魚を見、一人が言ふ、「あれは口わき白し。鮎(あゆ)なり」と。連れの言ふ、「鮎ではない。鮎ならば飯が付きてあらむものを。あれは鯖(さば)てあらうず」。先に鮎と言ひつる者、「いやいや、鯖ならば負はれてをらうが、一つありくほどに、なかなか鯖ではない」と。

これを思ふに、一人は鮎の鮨(すし)ばかりを見付けたり。一人は刺鯖(さしさば)ばかりを見付けたればなり。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 山より里に出る者二人つれたちある河の/n4-51l
  橋をわたるとて水底(みつそこ)をありく魚を見一
  人かいふあれは口はきしろし鮎(あゆ)なりとつ
  れのいふ鮎ではない鮎ならは飯かつきてあ
  らむ物をあれは鯖(さは)てあらふすさきに鮎と
  いひつる者いやいや鯖ならはおはれてをらふが
  一つありくほとに中々鯖ではないと是
  をおもふに一人は鮎の鮓(すし)斗(はかり)を見付たり一人は
  さし鯖(さは)斗を見付たれはなり/n4-52r


text/sesuisho/n_sesuisho4-083.txt · 最終更新: 2022/01/19 22:00 by Satoshi Nakagawa