ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-081

醒睡笑 巻4 そでない合点

39 人みな連歌をし習ふとて一順の月次のなどとてはやらかす・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

人みな連歌をし習ふとて、「一順(いちじゆん)の」、「月次(つきなみ)の」、などとて1)はやらかす。

「うらやまし、われもちと稽古せむ」と思ひたち、宗匠(そうしやう)する人に向かひ、「大体(たいてい)一句の仕立て、いかなる心もちにて工夫いたし候はんや」。「さればよ、この道を学ばんとすれば、いと深く藻屑(もくづ)も寄らぬ和歌の浦なれど、言葉短かう、聞き高く、心を深う、ものあはれに、華奢風流(きやしやふうりう)に付くやうに」。

かの人、聞くと同じく、「はや合点(がつてん)参りて候ふ。一句申さん、

  首ぎはや二季の彼岸に茶香杵

「心は」と問はれ、「されば、水をわたるに首ぎはに及ぶは深ければなり。もののあはれは二季の彼岸、華奢風流なるは茶と香と、つくやうには餅つく杵」。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 人皆連歌をしならふとて一順(しゆん)の月次(つきなみ)のなと
  もてはやらかすうら山し我もちと稽古(けいこ)せ
  むとおもひたち宗匠(そうしやう)する人にむかひ大体(たいてい)/n4-50l
  一句のしたて如何なる心もちにて工夫いたし候
  はんやされはよ此道をまなばんとすれはいと
  ふかくもくづもよらぬ和哥のうらなれど
  こと葉みじかうききたかく心をふかふ物あは
  れに花奢風流(きやしやふうりう)につくやうに彼人きくと
  同はや合点(かつてん)参りて候一句申さん
   くびきはや二季の彼岸(ひかん)に茶香杵(ちやかうきね)
  心はととはれされは水をわたるにくびきはに
  をよぶはふかけれはなり物のあはれは二季(き)/n4-51r

  の彼岸(ひかん)花奢風流なるは茶と香とつくやう
  には餅(もち)つくきね/n4-51l
1)
「とて」は底本「もて」。諸本により訂正。


text/sesuisho/n_sesuisho4-081.txt · 最終更新: 2022/01/18 15:04 by Satoshi Nakagawa