ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-080

醒睡笑 巻4 そでない合点

38 ゆふべの説経に姥の泣かれつるは何のあはれをわきまへてぞ・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

「ゆふべの説経に姥(うば)の泣かれつるは、何のあはれをわきまへてぞ」と問うてあれば、「何もわが聞き分けたることはなかりし。隣のかかの、あめやさめと泣かるるほどに、『さだめて悪しきことではあるまい』と思うて泣いた」。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 ゆふへの説経(せつきやう)に姥のなかれつるはなにのあ
  はれをわきまへてそととふてあれはなにも我
  聞わけたる事はなかりしとなりのかかのあ
  めやさめとなかるるほとに定あしき事ては
  あるまいとおもふてないた/n4-50l


text/sesuisho/n_sesuisho4-080.txt · 最終更新: 2022/01/16 22:30 by Satoshi Nakagawa