ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-077

醒睡笑 巻4 そでない合点

35 山家の者とて老いたる姥の杖にすがり京に出でたるを・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

山家(やまが)の者とて、老いたる姥(うば)の、杖にすがり京に出でたるを、ある者行き合ひ、「そちの年はいくつぞ」。「百に一つ足らぬ」と語るにぞ、「さてさて名人や」と、いくたびも讃めゐけるを、始めより道づれしたる者、「何事あれば感にたゆる」。「さればよ、生き名人とは、あれをや言ふらん」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 山家の者とて老たる姥(うは)の杖(つえ)にすかり京(きやう)
  に出たるをある者ゆきあひそちの年はいく
  つそ百に一つたらぬとかたるにぞさてさてめ
  いしんやといくたひもほめゐけるを始より
  道つれしたる者何事あれはかんにたゆるさ
  れはよいきめいしんとはあれをやいふらんと/n4-49l


text/sesuisho/n_sesuisho4-077.txt · 最終更新: 2022/01/15 23:01 by Satoshi Nakagawa