ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-076

醒睡笑 巻4 そでない合点

34 田舎のかせ侍長陣の慰みに俳諧をして遊ばんと言ひつつ・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

田舎のかせ侍、長陣(ながぢん)1)の慰みに、「俳諧をして遊ばん」と言ひつつ、

  人は乱妨(らんばう)をしてさへ送る世に

とあれば、「さらば付け申さむ」とて、

  われらは野兵糧(やひやうらう)だにもなし

また、ある人の句に、

  おもきかろきは恋にこそあれ

としければ、

  麻殻(あさがら)や堅木(かたぎ)の手棒(てぼう)鷹すゑて

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 田舎のかせ侍長陳(なかちん)の慰(なくさみ)に俳諧(はいかい)をしてあ
  そはんといひつつ
   人はらんばうをしてさへ送る世に
  とあれはさらはつけ申さむとて
   われらは野兵糧(やひやうらう)たにもなし
  又ある人の句に
   おもきかろきは恋にこそあれ
  としければ/n4-49r
   あさからやかたきの手棒(てばう)鷹すへて/n4-49l
1)
「長陣」は底本「長陳」。諸本により訂正。


text/sesuisho/n_sesuisho4-076.txt · 最終更新: 2022/01/15 22:53 by Satoshi Nakagawa