ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-064

醒睡笑 巻4 そでない合点

22 俊蔵主といふ出家の子を持ちたりしが・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

俊蔵主(しゆんざうす)といふ出家の子を持ちたりしが、俊首座(しゆんすそ)になりたる時、母の人に向かひ言へるやう、「おれが息子坊主、始め『俊上す』というて聞きよかつたに、ひたもの銭(ぜに)を入れ、あげくに今は一の『俊すそ1)』になりごとの」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 俊蔵主(しゆんさうす)といふ出家の子をもちたりしが
  俊首座になりたる時母の人にむかひいへる/n4-44l
  やうをれかむすこ坊主始俊上すといふて
  ききよかつたにひた物銭をいれあげくに
  今は一の俊すそになりことのと/n4-45r
1)
上から裾になったと思った。


text/sesuisho/n_sesuisho4-064.txt · 最終更新: 2022/01/07 18:05 by Satoshi Nakagawa