ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho4-063

醒睡笑 巻4 そでない合点

21 中風をわづらふ者あり医者のもとに行き脈を見せければ・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

中風をわづらふ者あり。医者(いしや)のもとに行き、脈を見せければ、「薬ばかりにては治しがたき証なり。風市(ふじ)1)・三里に灸をすゑられよ」と言ふに、「いづれも重ねて談合(だんかう)候はん」と、急ぎ宿に帰り、「さてさて、うつけたる医師(くすし)の申されやうや。富士は聞きおよびたる大山なり。その富士三里が間に灸をせよとは、いかに病が治るとても、そもそも艾(もぐさ)が続くものか」と。

雄長老

  灸すゑて富士に煙は絶やさねどなほちかぢかとあしびきの山

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 中風を煩(わつらふ)者あり医者(いしや)のもとに行き脈(みやく)を見
  せけれは薬(くすり)斗にては治しかたき証なり冨市(ふし)
  三里に灸をすへられよといふにいつれも/n4-44r
  かさねて談合(たんかう)候はんといそきやとにかへりさて
  さてうつけたるくすしの申されやうや冨士(ふし)は聞(きき)
  及たる大山也其ふし三里か間に灸をせよ
  とは如何に病がなをるとてもそもそももく
  さがつつく物かと雄長老
   灸すへて冨士に煙はたやさねと
   猶ちかちかと足曳のやま/n4-44l
1)
底本表記「冨市」。


text/sesuisho/n_sesuisho4-063.txt · 最終更新: 2022/01/07 23:23 by Satoshi Nakagawa