ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mumyosho:u_mumyosho039

無名抄

第39話 喜撰が跡

校訂本文

喜撰が跡

また、御室戸の奥に、二十余丁ばかり山中へ入りて、宇治山の喜撰(きせ)が棲みける跡あり。家は無けれど、堂の礎(いしずゑ)など定かにあり。

これら必ず尋ねてみるべきなり。

翻刻

喜撰カ跡
又みむろとのおくに廿よ丁はかり山中へ入て
うち山のきせかすみけるあとありいへはなけれと
たうの石すゑなとさたかにありこれらかならす
たつねてみるへきなり/e33r


text/mumyosho/u_mumyosho039.txt · 最終更新: 2014/09/21 12:34 by Satoshi Nakagawa