ユーザ用ツール

サイト用ツール


wmr:shandong

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
wmr:shandong [2014/05/04 01:52]
Satoshi Nakagawa [8/3 くもり 済寧市~徐州市の入口 ロングツーリング]
wmr:shandong [2014/05/04 01:56] (現在)
Satoshi Nakagawa [8/5 はれ 徐州]
ライン 165: ライン 165:
 この山はかつて、日中戦争と内戦の二回戦場になった地である。日中戦争の戦没者の合同埋葬墓があった。 この山はかつて、日中戦争と内戦の二回戦場になった地である。日中戦争の戦没者の合同埋葬墓があった。
  
-ゴンドラで下に降りた私たちは、湖にうかんでいる船で昼食を摂る。ここにはこんなレストラン船がたくさんあって、客引きをしているのだ。ここで初めて蝉を食った。幼虫らしいが、セミの面構えをしている。カリカリに揚げてあって、うまくもないしまずくもない。Tによれば、これは揚げすぎだそうである。+ゴンドラで下に降りた((下まで一気に降りる滑り台というのもあったのだが、T氏いはく「死んでもしらないよ」なのでやめた。))私たちは、湖にうかんでいる船で昼食を摂る。ここにはこんなレストラン船がたくさんあって、客引きをしているのだ。ここで初めて蝉を食った。幼虫らしいが、セミの面構えをしている。カリカリに揚げてあって、うまくもないしまずくもない((味も食感もエビに似ている。))。Tによれば、これは揚げすぎだそうである。
  
 その後、漢画像石館なる博物館に行く。その名のとおり、画像石をたくさん陳列してある。どれも壁に埋めこまれているのだが、あまりに数が多いので、なんだかありがた味がない。しかし、客もほとんどいないので、あまり観光地化されていないのはよかった。Tは昨日も来たらしいが、入口でキップ切りのオヤジに「ただの石だよ」と言われたそうである。 その後、漢画像石館なる博物館に行く。その名のとおり、画像石をたくさん陳列してある。どれも壁に埋めこまれているのだが、あまりに数が多いので、なんだかありがた味がない。しかし、客もほとんどいないので、あまり観光地化されていないのはよかった。Tは昨日も来たらしいが、入口でキップ切りのオヤジに「ただの石だよ」と言われたそうである。


wmr/shandong.txt · 最終更新: 2014/05/04 01:56 by Satoshi Nakagawa