Recent changes RSS feed

再び新宮市巡り(2002/07/25)

今朝未明からの台風は、一向に衰えを見せない。5時ごろ突風の間を縫って撤営し、安全な場所(トイレ)にいたが、どうもやみそうにない。

本来はさらに数日かけて古道を歩くつもりだったが、この状態ではたとえ晴れたとしてもどうなっているかわからないし、足の痛みも今一つよくなっていない。来週からは中国自転車旅行だ。怪我しては元も子もないので、新宮行きのバスに乗ることにする。

バスを待つ間に、近くの旅館で最後の温泉につかる。大雨の中の露天風呂というのもなかなかオツなものだ。

バスに乗って、美しい熊野川の脇を通り、新宮駅に着くと、なんとすっかり晴れてしまった。台風は行ってしまったらしい。名古屋行きの汽車にはまだ時間があるので、来たときと同じようにロッカーに荷物を預けて、新宮観光をする。

まず、出発のときから気になっていた丹鶴城址へ行く。城址だから城跡だが、立派な石垣が迷路のようになっており、なかなか見ごたえがある。それにしても、石段だの石畳だの「石」に縁があるなあ。なお、ここからの熊野川の眺めは最高である。こんどは是非カヌーで下ってみたい。

つづけて、商店街のレストランで食事をし、浮島公園へ。その名の通り、池に島が浮いており、たくさんの木がはえている。この島が浮いているというのは信じられないが、たしかに水際をみると浮いているようだ。

その後、しばらく町を散策して、汽車に乗り、東京に帰った。後で聞くと、東京はまったく台風の影響をうけていなかったという。

<<極楽温泉巡り(2002/07/24)へ 管理人の小部屋

wmr/kumano5.txt · 最終更新: 2014/06/24 15:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa