ユーザ用ツール

サイト用ツール


wmr:hangzhou2

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

wmr:hangzhou2 [2014/05/10 17:41] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== 蘇州でむりやり船に乗せられた話 ======
  
 +中国自転車旅行が終わって、Tさん(2000年の自転車旅行に登場)とAくん(新人)が上海へ、僕が出発地杭州へ別れることになったときのことである。場所は蘇州。
 +
 +さて、僕はTがチケットを取ってくれて、長距離バスで杭州まで帰るものだと思っていた。ところがTは得意技の悪魔の宣言(2000年中国自転車旅行の日記参照)をする。
 +
 +「中川君。運河が見たいって言ってたよね。船でいけば?」
 +
 +そう、今回の旅の最初の目的は、前回、北京から鎮江までたどった、京杭運河のつづきを見ることだった。しかし、予定どおり事が運ばず、まったくちがったコースになってしまったのだ。
 +
 +たしかに蘇州から杭州までの船はある。料金もそれほど高くはない。しかし、バスで行けば数時間だが、船でいくと14時間もかかるのだ。僕はお遍路の時のフェリーを思い出していた。
 +
 +フェリーは雑魚寝が基本である。何十人もが同じ船室になる。お遍路のときは18時間。当然、お友達ができたりする。それはそれで楽しいのだが・・・。
 +
 +しかし、ここは中国。まわりは当然中国人だ。彼らが話し掛けてこないはずがない。僕は中国語がしゃべれないが、なにしろ14時間の長旅だ。下手をすれば一日中、彼らの大好きなトランプに付き合わされることになるだろう。
 +
 +知っている限りの中国語と、筆談で会話するのは面白いのだが、14時間では精神的にもたない。
 +
 +Tさんは続けて、
 +
 +「バスですぐ行けるのに、わざわざ船が出ているんだから観光船だよ。船室もいいと思うよ」
 +
 +たしかに、言われてみればそんな気もする。『地球の歩き方』にも「フェリー乗り場」と書いてある。フェリー乗り場なら船はフェリーだろう。船室は二人部屋と四人部屋らしい。だが、一抹の不安は隠せない。そこで、杭州在住の留学生Kさんに電話してみる。
 +
 +「なんかいい船らしいよ~。観光船でしょう。船着き場も町の中心だし、町外れに着くバスより安心だよ」
 +
 +たしかに、町外れのバス駅から、バスに乗りかえるのは面倒だ。タクシーだと金もかかるし。喋るのがめんどうなら、デッキで酒でもかっくらっていればいいだろう。と、安易に考えて杭州まで船で行くことを決心した。
 +
 +そして次の日・・・
 +
 +午前中船のチケットを買って、蘇州を観光。65元の4人部屋にした。二番目に安い客室である。ここまでくれば、安い部屋の方が面白い。それに、
 +
 +二人部屋でルームメイトがホモだったら・・・
 +
 +などと、余計な考えが浮かび、4人部屋の方が安全だとおもったからだ。
 +
 +さて夕方6時、出港の時間が近づき、僕とTは船付き場へ向かった。そこにあったのは・・・。
 +
 +
 +
 +右が滄浪号。どう見ても漁船を改造したようにしか見えない。
 +
 +中川「えーーーーーこれに乗るのーーーーー」
 +
 +Tさん「中国の船なんてこんなもんだよ。大丈夫、大丈夫・・・・」
 +
 +Tさんの顔は心なしかひきつっている。大丈夫もなにも、ここまで来たら乗るしかない。
 +
 +船というものは普通、横につけるものだ。ところがこの船は何故か船首を岸につけている。船首に入り口があるのかと思いきや、入り口は横だ。つまり、船首からデッキを伝って船に乗るのである。もちろん自動車はおろか自転車さえ乗せられない。
 +
 +船首を接岸している理由はすぐにわかった。なんと、この船はまるで列車のように三隻を連結して進むのである。ちなみに僕の乗る船「滄浪号」は先頭だった。
 +
 +こんなのはフェリーとは言わん!
 +
 +船もひどいが、客室はもっとひどい。ゴザがひいてある二段ベッドなのだが、足の方に余裕があるにもかかわらず、足首から先がベッドから出てしまう。まるで、エビのように丸くならなければ寝られない。
 +
 +僕は幸いベッドの下段だったが、上段へ上がるのにハシゴがない。よじのぼれということらしい。さらに、エアコンはかたむいていて、どう見ても壊れているのだが、部屋は涼しいのでちゃんと動いているらしい。
 +
 +Tは売店があるなどといっていたが、もちろんそんなものはない。レストランはあった。10人入れば一杯になっちゃうようなのが・・・。
 +
 +4人部屋のルームメイトはおばさん4人組みだった。とりあえず挨拶。
 +
 +「にいはお~」
 +
 +「にいはお~×○△!!!!?」
 +
 +挨拶の後はまったく聞き取れない。勉強していないからあたりまえだが、こんなとき聞かれることは万国共通だ。どこから来て、どこへいくのかである。知っている限りの中国語と筆談でコミュニケーション。
 +
 +それから1時間ほどして、客室を一人の男が訪れた。どうやら船の乗務員らしい。三人のおばさんと何やらしゃべったあと、僕の方へも来た。
 +
 +「×○△○△△△?」
 +
 +どうもメシのことらしい。とりあえず、夕食は食べてきたので
 +
 +「いらん」
 +
 +といったが、まだ何か話し掛けてくる。
 +
 +「明日7時○△△△・・・」明日は7時に着くというのは知っている。だから、
 +
 +「分かった」と答えると、さらに
 +
 +「×○△○△△△?」こうなってくると、もう分からない。何が言いたいのだ。すると男は、紙を出した。そこには豆醤だの炒飯だのかいてある。どうも朝食のことらしい。とりあえず「いる」と答えておくとさらに、
 +
 +「×○△○△△△」
 +
 +もうこうなったら筆談しかない、ボールペンとメモ帳を渡すと、何やら書いてくれた。ところが、
 +
 +読めん!
 +
 +読めないのだ。というのも、中国は簡体字といって、画数を少なくした漢字をつかっている。それは読めるのだが、このオヤジ、それをさらに崩して書くものだから、さっぱり読めない。同室のおばさんに楷書になおしてもらう。
 +
 +まさか、漢字の通訳をしてもらうことになるとはおもわなかった。
 +
 +実は簡単なこと、オヤジは朝飯代10元を請求していたのだ。「10元よこせ」といえば分かるのに、7時に着くだの、メニューはなになにで、などとよけいなことをいうから分からないのだ。
 +
 +僕はいささか疲れたので、寝ることにした。
 +
 +10時ごろ、なにやら横揺れするので目が覚めた。
 +
 +普通、船というのは縦にゆれるものだ。この船は川船のせいかそういう船独特の揺れはなかったが、どういうわけか、1時間に2回ほど、ぴくぴくと横にゆれる。
 +
 +ともかく目が覚めてしまったので、デッキ(といっても幅50センチぐらいの廊下だ)に出て煙草を吸う。もちろん、みんな寝てしまっているので、誰もいない。
 +
 +しばらく外を見ていると、夜中にもかかわらず、たくさんの船が往来している。深夜の首都高のようなものだ。当然私たちの船を追い越していくものもある。
 +
 +すると向こうから一隻の船が来た。運河の幅はひろいので、余裕ですれ違うことができる。ところが、今度は私たちの船の後ろから、猛スピードで追い越していこうとする暴走船。いってみれば2車線の道路で対向車が来ているのに、追い越しをかけるようなものだ。
 +
 +「こんなところを抜けていくのだからたいしたもんだな~」
 +
 +と思ってみていると・・・・・、後ろから来た船はどんどんこっちへ向かってくるではないか。デッキの手すりにしがみつく僕。
 +
 +ばちーーーーーーん、ききー☆☆☆☆☆
 +
 +暴走船は、火花をちらしてぶち当たって去っていった。
 +
 +謎の横揺れは船がぶつかった衝撃だったのだ。生きた心地がしなかった。
 +
 +翌朝、船着き場で僕を待っていた、Kさんの言葉。
 +
 +「ごめ~ん、あんな船だとは思わなかったよ~」
 +
 +観光船だっていってたじゃないか~
 +
 +帰国してからの、Tさんの言葉。
 +
 +「いやーあの船をみたときは、びっくりしたなあ。よくあんなのに乗ったね」
 +
 +お前が乗せたんだろ~!
 +
 +僕はいつかこの二人に意趣返ししてやろうと心に誓った。
 +
 +[[suzhou|<前へ]] [[cnbike2|目次へ]]


wmr/hangzhou2.txt · 最終更新: 2014/05/10 17:41 by Satoshi Nakagawa