Recent changes RSS feed

世継物語

第52話 閑院の大臣冬嗣と申す人の御子、内舎人良門と申しけり・・・

校訂本文

今は昔、閑院の大臣(おとど)冬嗣(ふゆつぎ)と申す人の御子、内舎人良門(うどねりよしかど)と申しけり。昔はやむごとなき人も、内舎人にてなり給ひける。

その御子、高藤(たかふぢ)と申す、おはしけり。若くより鷹をなん好み給ひける。父の内舎人殿も好み給ひければ、この末も伝へて好み給ふなるべし。

二十ばかりにおはしけるほどに、九月ばかりに鷹狩に出で給ひぬ。山科のないしやの岡つかひ給ふに、申の時ばかりに、かき暗がりて、大なる雨降り、風吹き、かみ鳴りければ、人々、「宿りせむ」とて、向きたる方にみな馳せ散らして往ぬ。

この君、西の方に人の家のみ見ゆるに、馬を走らせておはしぬ。御供に馬飼ひ男一人なん侍りける。小さき門のうちに入り給ひぬ。馬も引き入れて、舎人男いたり。君は板敷に尻うちかけておはしけり。雨風まさり神鳴りて、恐しければ帰り給ふべきやうもなし。日も暮ぬ。

「いかにせん」と心細く思して居給へるに、青鈍(あをにぶ)の狩衣・袴着たる男の、歳四十斗なるが出で来て「こは何人のかくてはおはしますぞ」と言へば、「鷹仕に出でたりつるに、かかる雨に遭ひて行くべき方もなくて、馬の向きたるに任せて走らせつるに、家の見えつれば、喜びて来たるなり。いかがせんずる」とのたまへば、翁、「雨いたく降らん時はかくておはしませかし」と言ひて、馬飼の男のもとによりて「誰(た)がおはしますぞ」と問ひければ、「しかじかの人のおはしますなり」と言ひければ、その時に経営(けいめい)してとりしつらひ、火灯しなどすめり。

とばかりありて、「あやしのやうに候へど、うちへこそおはしまさめ。御衣(おんぞ)もいたく濡れさせ給ひて候ふめり。干してこそ奉らめ。御馬に草かはでは、いかで候はん。あの後の方へ引き入て」など申す。「あやしの家なれども、ゆへひておかしく住みたれば、無下の者にはあらざりけり」と思して、また、かくてあるべきにもあらねば、入り給ぬ。

あじろを天井にはしたり。筵屏風を立てたり。きよげなる高麗べり1)の畳、三帖ばかり敷きたり。入りて苦しければ、寄り臥し給ひぬ。御狩衣、御指貫など取りて翁入りぬ。

しばしばかり臥して見給へば、庇の方の遣戸を上げて、十三四ばかりなる女の、裏濃き蘇芳(すわう)の衣(きぬ)一重ね、濃き袴着たる、扇さし隠して、片手に高坏(たかつき)を持ちて、恥ぢしらひて、遠くそばみてゐたるを見給へば、頭つき細やかに、髪のかかり、額つき、かやうの者のことも思えず。いとをかしきなり。

高坏に折敷(おしき)据ゑて、土器(かはらけ)に箸を置きて持て来たりけり。前に置きて返りぬ。行うしろて、髪のふさやかに、よほろ2)には過ぎたりと見えたり。また、則、折敷に物を据ゑて持て来ぬ。幼なけれど、さかしくもすへず。ゐざり退きて居たれば、姫3)をして、小大根4)・鮑(あはび)・干し鳥・鱁鮧(うるか)などして参らせたるなりけり。

 日井とねこうこう5)給ひたるに、「かく参らせたれば、下衆の者なれどいかがせん」と思して参りぬ。夜も更けぬれば、臥し給ひぬ。このありつる人の心につきておぼえ給ひければ「一人臥したるが恐しきに、ありつる人、ここに来てあれ」とのたまへば、参らせたりと、「寄れ」とてひき寄せて臥し給ひぬ。近き気配、よそに見つるよりは、こよなう6)気高う、なつかしう、らうたし。あはれにおぼす。

「かやうのほどの者の娘にては、いかでかかくはあらむ」と、あさましく思え給ひければ、まめまめしく行く末までの事を契り給ひけり。長月なれば、夜も長きに、つゆまどろまれず。あはれに思え給ふままに、返す返す契り給ふ。夜も明けぬれば、「出で給ふ」とて、帯き給へる太刀を、「かたみ置きたれ」とて、「ゆめゆめ親心浅く人合はすとも、人見る事すな」と言ひつつ、いてもやらず、返す返す契り置きて出で給ひぬ。

馬に乗りて、四五十町ばかりおはするほどになん、御供の人々、ここかしこより尋ね奉りて、来合ひてあさましがり、喜びける。

さて、殿に帰り給ひぬ。父殿、「昨日出させ給ひしままに、見え給はずなりぬれば、いかにしつる事にか」と思し明かして、明くる遅きと、人出だしたてて尋ね給ふほどに、おはしたれば、「うれし」と思して「若きほどに、かかる歩きする事、悪き事なり。我心にまかせて、鷹仕歩きしを、故殿のつゆ制し給はざりしかば、これもまかせて歩かするに、かかる事のあれば、いとうしろめたし。今よりかかる歩きなせそ7)」とて、鷹仕給はずなりぬ。御供ともの人々も、この家を見ずなりにしかば、尋ぬべきやうもなし。とねりおとこは、いとま申して田舎へ往ぬ。わりなく悲しく思はせ給へど、人やるべきやうもなし。月日はすぐれど、恋ひしさはいやまさりにて、心にかからせ給はぬ時もなし。

四・五年にもなりぬ。父殿、はかなく失せ給ひぬれば、叔父の殿ばらの御もとにかよひてぞ過し給へる。親も失せて心細く思え給ふままには、この見し人の恋しく思え給へば、妻もまうけで過し給ふほどに、六年ばかりになりぬ。

この御供にありし舎人男、田舎より上りて参りたりと聞かせ給ひて、御馬召し出でて、飼はせはだけさせなどせさせ給ふ。さて、御前近く参りたるに、この男に、「一とせ、雨宿りしたりし家は覚ゆや」と問ひ給へば、「いかが。思え候ふ」と申しければ、「嬉し」と思して「今日、行かんとなん思ふ。鷹つかうやうにてあれ」と仰せられて、御供には帯刀(たちわき)なるものの、むつまじく召仕けるを具して、阿弥陀の嶺越えにおはしぬ。

日入るほどになん、かしこにおはし着きたりける。如月の中の十日のほどなれば、前なる梅、ところどころ散りて、鶯こずゑに鳴き、遣水に花散りて流るるを見る。いみじうあはれなり。

ありしかとこうち入りて、家主の男召し出せば、思はずにおはしましたるがうれしさに、手惑ひをして参りたり。「ありし人はありや」と問はせ給へば、候ふよし申す。喜びながら、おはせし所に入り給へれば、几帳の内にはた隠れて居たり。見給へば、見しよりはこよなくねびまさりて、あらぬ物にめでたく見ゆ。かたはらに居つつ、六つばかりの女子の、えもいはずめでたきいたり。「これは誰そ」とのたまへば、うち俯(うつぶ)して泣くにやあらんと見ゆれば、はかばかしう答(いら)ふる事もなければ、心得ず思えて「この家なる人やある」と召せば、父男(をのこ)参りゐて、ひさがり居たり。

「この児(ちご)のあるは誰(たれ)ぞ」と問ひ給へば、「一とせおはしましたりし後、人のあたりにまかりよる事も候はず。幼く候ふ物なれば、おはしまして後より、ただならずなりて生れて候ふなり」と言ふままに、いみじくいよいよあはれになりぬ。枕上(まくらがみ)を見れば、置きし太刀あり。「さは、かく深き契りなりけり」と思ふも、いよいよあはれに思す事限りなし。かくて、その夜とどまりて、またの日帰り給ふ。

「この家あるじ、何人にかあらん」と思して尋ね問ひ給へば、「この郡の大領、宮道の弥益(みやじのいやます」))」と言ひ侍る。「かかるあやしき物の娘なれど、さるべき先の世の契りこそあらめ」と思して、またの日、筵(むしろ)ばかりの車に下簾かけて、侍(さぶらひ)二三人ばかり具しておはしぬ。車寄せて、この女乗せ給ふ。無下に人無からんも悪しければ、母を召し出でて乗せらる。四十ばかりの女の、さすがにかはらかなるさまして、さやうの物の妻(め)と見えたり。わかり色の衣に、髪きこめて乗りぬ。殿におはして、西の対にしつらひ下し給ふ。

また、人の方に目も見やられ給はず見給ふほどに、うち続き、男子(おのこご)二人生みつ。やむごとなくおはする人なれば、ただなりになりあがり給ふ。大納言になり給ひぬ。この姫君は、宇多の院位におはしますに、女御に参らせ給ふ。さて、いくばくもなくて醍醐の御門をば生み奉り給へるなりけり。男二人は、泉の大将と申す。その弟、三条右大臣となん申しける。このおほぢの大領弥益は四位になりて、刑部大輔にぞなりたりける。醍醐の御門、位につかせ給ひければ、大納言は内大臣になり給ひにけり。弥益が家は今の勧修寺なり。向ひの東の山づらに、むは8)の家には堂を建てたり。その寺をば大やけ寺となんいふ。この弥益が家のあたりを、あはれと思すにやありけん、醍醐の御門の御陵は、近くせられたりとなん。

翻刻

今は昔閑院のおとと冬つきと申人の御子内舎人
よしかとと申けり昔はやむ事なき人もうとねりにて
成給ひける其御子たかふちと申おはしけりわかくよ
り鷹をなんこのみ給ひける父のうとねり殿も好給
けれは此すゑもつたへて好給ふ成へし廿はかりに/32オ
おはしける程に九月はかりに鷹狩に出給ぬ山しな
のないしやの岡つかひ給ふに申時はかりにかきくら
かりて大なる雨降風吹神なりけれは人々やとりせ
むとてむきたる方にみなはせちらしていぬこの君に
しの方に人の家のみ見ゆるに馬を走らせておはし
ぬ御ともに馬かひ男一人なん侍けるちいさき門のうち
に入給ぬ馬も引入てとねりおとこいたり君は板敷
にしりうちかけておはしけり雨風まさり神なりて
おそろしけれは帰給ふへきやうもなし日も暮ぬい
かにせんと心ほそくおほしてゐ給へるにあをにふの狩/32ウ
衣袴きたるおとこの歳四十斗なるかいてきてこはな
に人のかくてはおはしますそといへは鷹仕に出たり
つるにかかる雨にあひて行へきかたもなくて馬のむ
きたるにまかせてはしらせつるに家の見えつれはよろ
こひてきたる也いかかせんするとの給へは翁雨いたく
ふらん時はかくておはしませかしといひて馬飼のおと
この許によりてたかおはしますそととひけれはしか
しかの人のおはします也といひけれは其時にけいめ
いしてとりしつらひ火ともしなとすめりとはかり有て
あやしのやうにさふらへとうちへこそおはしまさめ御そ/33オ
もいたくぬれさせ給てさふらふめりほしてこそ奉らめ
御馬に草かはてはいかて侍らはんあのうしろの方へ
引入てなと申あやしの家なれともゆへひておかしく
すみたれはむけの物にはあらさりけりとおほして又
かくてあるへきにもあらねは入給ぬあしろをてん上に
はしたり筵屏風をたてたりきよげなるかうらひ
へり(はしイ)のたたみ三帖はかり敷たり入てくるしけれはよ
りふし給ぬ御かりきぬ御指貫なととりておきな入
ぬしはしはかりふして見給へはひさしの方のやりと
をあけて十三四はかりなる女のうらこきすわうの/33ウ
きぬ一かさねこきはかまきたる扇さしかくしてかたてに
たかつきをもちてはちしらひてとをくそはみてゐ
たるを見給へは頭つきほそやかにかみのかかりひた
いつきかやうの物のこともおほえすいとおかしき也
たかつきにおしきすへてかはらけにはしををきても
てきたりけりまへにをきてかへりぬ行うしろてかみ
のふさやかによをろには過たりと見えたり又則折
敷に物をすへてもてきぬおさなけれとさかしく
もすへすゐさりのきてゐたれはひめをしてこをほね
あはひほしとりうるかなとしてまいらせたる也けり日/34オ
井とねこうこう給たるにかくまいらせたれはけすの物
なれといかかせんとおほしてまいりぬ夜もふけぬれは
ふし給ぬ此ありつる人の心につきておほえ給けれは
ひとりふしたるかおそろしきにありつる人ここにきて
あれとの給へはまいらせたりとよれとてひきよせ
てふし給ひぬちかきけはひよそに見つるよりはこ
よなう(くイ)けたかうなつかしうらうたしあはれにおほ
すかやうのほとの物の娘にてはいかてかかくはあら
むとあさましくおほえ給けれはまめまめ敷行末
まての事を契り給けりなか月なれは夜もなか/34ウ
きに露まとろまれすあはれにおほえ給まま
に返々契り給夜も明ぬれは出給とてはき給へる
太刀をかたみをきたれとてゆめゆめおや心あさく
人あはすとも人みる事すなといひつついてもやら
す返々契りをきていて給ぬ馬に乗て四五十
町はかりおはする程になん御ともの人々ここかしこよ
り尋ね奉りてきあひて浅ましかりよろこひけるさ
て殿に帰り給ひぬちち殿昨日出させ給ひしままに
見え給はす成ぬれはいかにしつる事にかとおほし
あかしてあくるをそきと人いたしたてて尋ね給ふ程/35オ
におはしたれはうれしとおほしてわかき程にかかる
ありきする事あしき事也我心にまかせて鷹仕
ありきしをこ殿のつゆせいし給はさりしかは是も
まかせてありかするにかかる事のあれはいとうし
ろめたしいまよりかかるありきなせとるとて鷹仕
給はす成ぬ御ともの人々もこの家をみす成にしか
は尋ぬへきやうもなしとねりおとこはいとま申
てゐ中へいぬわりなく悲しく思はせ給へと人やる
へきやうもなし月日はすくれとこひしさはいやま
さりにて心にかからせ給はぬ時もなし四五年にも/35ウ
成ぬちち殿はかなくうせ給ぬれはをちの殿はらの
御もとにかよひてそすこし給へるおやもうせて心ほ
そくおほえ給ままには此みし人の恋しくおほえ給
へはめもまうけてすこし給ふ程に六年はかりに
成ぬ此御ともに有しとねり男ゐ中よりのほりて
参たりときかせ給ひて御馬めしいててかはせはたけ
させなとせさせ給さておまへ近く参たるに此男に
一とせ雨やとりしたりし家は覚ゆやととひ給へは
いかかおほえさふらふと申けれは嬉しとおほしてけふ
いかんとなん思ふ鷹つかうやうにてあれとおほせ/36オ
られて御ともにはたちわきなるもののむつましく
召仕けるをくしてあみたの嶺こえにおはしぬ日入
程になんかしこにおはしつきたりけるきさらきの中
の十日の程なれはまへなる梅ところところ散て鶯
木すゑに鳴やり水に花散てなかるるをみるいみ
しうあはれ也ありしかとこうちいりて家主の
おとこ召出せは思はすにおはしましたるかうれ□
さにてまとひをしてまいりたり有し人はありや
ととはせ給へはさふらふよし申よろこひなからおはせ
し所に入り給へれは木丁のうちにはたかくれてゐた/36ウ
り見給へは見しよりはこよなくねひまさりてあらぬ
物にめてたくみゆかたはらにゐつつ六はかりのをん
な子のえもいはすめてたきいたりこれはたそとの
給へはうちうつふしてなくにやあらんとみゆれははか
はかしういらふる事もなけれは心えすおほえて此
家なる人やあるとめせはちちをのこまいりゐてひさ
かりゐたりこのちこのあるはたれそと問給へは一とせ
おはしましたりし後人のあたりにまかりよる事もさ
ふらはすおさなく候物なれはおはしまして後より
たたならす成て生れてさふらふ也といふままにいみし/37オ
くいよいよ哀に成ぬまくらかみをみれは置し太刀
ありさはかくふかき契り也けりとおもふもいよいよ哀
におほす事かきりなしかくて其夜ととまりて又の
日帰り給此家あるしなに人にかあらんとおほして尋
とひ給へは此郡の大りやうみやちのいやますといひ
侍るかかるあやしき物の娘なれとさるへきさきの
世の契りこそあらめとおほして又の日むしろはか
りの車に下すたれかけてさふらひ二三人はかりくし
ておはしぬ車よせてこの女のせ給むけに人なからん
もあしけれは母をめしいててのせらる四十はかりの女の/37ウ
さすかにかはらか成さましてさやうの物のめと見え
たりわかり色のきぬにかみきこめて乗ぬ殿におは
して西の対にしつらひおろし給又人の方にめも見
やられ給はすみ給ふ程にうちつつきおのここ二人う
みつやむ事なくおはする人なれはたた成になり
あかり給ふ大納言に成給ひぬ此姫君はうたのゐん
位におはしますに女御にまいらせ給さていくはくも
なくて醍醐の御門をはうみ奉り給へる也けりお
とこ二人はいつみの大将と申其弟三条右大臣と
なん申ける此おほちの大りやういやますは四位に/38オ
成て刑部大輔にそ成たりけるたいこの御門位につ
かせ給けれは大納言は内大臣に成給にけりいやます
か家は今の勧修寺也むかひの東の山つらにむは
のいへにはたうを立たり其寺をは大やけてらとなん
いふ此いやますか家のあたりをあはれとおほすにや
ありけんたいこの御門の御ささきはちかくせられ
たりとなん/38ウ
1)
底本傍注「はじイ」。今昔物語集「端」
2)
底本「よをろ」。今昔物語集「末膕」。ひざの裏側のくぼんだ部分。
3)
姫飯。
4)
今昔物語集による。底本「こをほね」
5)
今昔物語集「終日(ひねもす)鷹仕ひ行き給て、極(こう)じ」
6)
底本傍注「くイ」
7)
底本「とる」。「そ」を二字に分解した誤写だろう
8)
今昔物語集「妻」
text/yotsugi/yotsugi052.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa