Recent changes RSS feed

世継物語

第32話 菩提院といふ所に結縁八講しけるに清少納言参りたりけり。・・・

校訂本文

今は昔、菩提院といふ所に、結縁八講しけるに、清少納言参りたりけり。「とく帰れ」と人の言ひたりければ、

  求めてもかかる蓮(はちす)の露をおきて憂き世にまたは帰る物かは

小一条大将、結縁の八講し給ふに、いみじう目出度き事にて、世の中の人集まり行きけり。参りたる車の轅(ながえ)の上にさし重ねつつ、四つばかりにては、すこし物聞ゆべし。

六月十日なれば、暑き事、世に知らぬほどなり。上達部、奥に長々と居給へり。殿上人、若き君達、なほしかり。装束(さうぞく)いとをかしくて、兵衛佐実方・長命侍従1)など、経営(けいめい)し、家の子にて出入りす。

義懐(よしちか)中納言、常よりも勝りておはするぞ。限りなきや。すこし聞きて帰りなどしけるに、車どもの奥になりて、出づべき方もなし。せめてせいたかり出づれば、権中納言の「やや、まかでぬるもよし」とて、うち笑ひ給へるぞ、目出度や。「五十人2)のうちには、入らせ給はぬやうあらじ」とて帰りにけり。

翻刻

今は昔菩提院と云所に結縁八講しけるに清少納言
参たりけりとくかへれと人のいひたりけれは
  もとめてもかかる蓮の露ををきてうき世に又はかへる物かは
小一条大将けちえんのはつかうし給ふにいみしう目出度
事にて世の中の人あつまり行けり参りたる車のな
かえの上にさしかさねつつよつはかりにてはすこし物聞ゆ
へし六月十日なれはあつき事よにしらぬ程也上達部
をくになかなかとゐ給へり殿上人わかき君達なをしかり
さうそくいとおかしくて兵衛佐さねかた丁めいししうなと
けいめいしいゑのこにて出入りすよしちか中納言つねより/18オ
もまさりておはするそかきりなきやすこし聞て帰り
なとしけるに車共のおくに成ていつへき方もなし
せめてせいたかりいつれは権中納言のややまかてぬるも
よしとて打わらひ給へるそ目出度や五十人のうちには
いらせ給はぬやうあらしとて帰にけり/18ウ
1)
底本「丁めいししう」
2)
枕草子「五千人」。法華経方便品に出典がある。
text/yotsugi/yotsugi032.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa