Recent changes RSS feed

世継物語

第29話 越前守為時とて才ある世にやさしかりける人は紫式部が親なり・・・

校訂本文

今は昔、越前守為時とて、才(さえ)ある世にやさしかりける人は、紫式部が親なり。為時が源氏は作りたるなり。細かなる事どもをむすめには、書かせたりけるとぞ。前斎院の宮、この事聞こし召して、むすめを召し出たりける。

初めて参りける夜、内の御前、関白殿など、「いかなる事をかせさせ給ふべき」など申させ給ひて、殿の申させ給ひたる、「ただ、今夜、見えさせ給ふべきぞ」と申させ給ひければ、やがてその夜、さし向ひ見えさせ給ひけり。

「世にめづらしく、めでたき事」と言ひののしりけり。式部がありさま、かかるめでたき事ども作り出だしたる人ともおぼえず、裳から衣着たる姿、様体(やうだい)、もてなしなど、いとあやしう心もとなげにてぞ侍りける。

この、源氏作りたる事、さまざまに申し伝へたり。「参りて後に作りたり」とも申す。いづれがまことならん。

翻刻

今は昔越前守為時とてさえある世にやさしかりけ
る人は紫式部か親也為時か源氏は作たる也こまかなる/16オ
事共をむすめにはかかせたりけるとそ前斎院の宮こ
の事聞召てむすめをめし出たりける初て参ける夜内
の御前関白殿なといかなる事をかせさせ給へきなと
申させ給て殿の申させ給たるたた今夜見えさせ給
へきそと申させ給けれはやかて其夜さしむかひみ
えさせ給けり世にめつらしくめてたき事といひののし
りけり式部か有様かかるめてたき事とも作いたした
る人ともおほえす裳から衣きたるすかたやう体もて
なしなといとあやしう心もとなけにてそ侍ける此
源氏作たる事さまさまに申し伝たり参て後に作たり/16ウ
とも申いつれかまことならん/17オ
text/yotsugi/yotsugi029.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa