Recent changes RSS feed

世継物語

第23話 一条院の御時后宮に清少納言とて・・・

校訂本文

今は昔、一条院の御時、后宮に清少納言とて、優(ゆふ)にいみじき物侍(さぶら)ひけり。

殿上より、梅の花散たる枝を、「これをいかが」と言ひたるに、ただ「早う落ちにけり」と答(いら)へたりければ、その詩を誦(ずん)じて、黒戸に殿上人多く居たりけるを、御門も聞こし召して、「歌など詠みたらんに勝りたる。よく答へたり」と仰せられけり。

翻刻

今は昔一条院御時后宮に清少納言とてゆふにいみしき
物侍ひけり殿上より梅の花散たる枝を是をいかかとい
ひたるにたたはやうおちにけりといらへたりけれはその
しをすんして黒戸に殿上人おほくゐたりけるを御門も
聞召て哥なとよみたらんにまさりたるよくいらへた
りとおほせられけり/14オ
text/yotsugi/yotsugi023.txt · 最終更新: 2014/09/25 02:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa