ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji197

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji197 [2014/10/13 15:02]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji197 [2019/12/08 15:58] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 **盗跖と孔子、問答の事** **盗跖と孔子、問答の事**
  
-これも今はむかし、もろこしにりうかくゑい((柳下恵))といふ人ありき。世のかしこき物にして、人にをもくせらる。そのおととに、盗跖と云者あり。一の山ふところに住て、もろもろのあしき物をまねき集て、をのが伴侶として、人の物をば我物とす。ありく時は、このあしき物どもをぐする事、二三千人也。+===== 校訂本文 =====
  
-道にあふ人をほ、恥をみせ、よからぬ事のかぎを好みて過すに、りうかくゑい、道を行時に、孔子逢ぬ。「いづへおはすみづから対面してきこえんおもふ事のあるに、かしこく逢給へり」といふ。りうかくゑい、「いかなる事ぞ」とと。「教訓しきこえん思事は、その舎弟、もろもろのしき事のかぎり好みて、おほく人をなげかする。など制給はぬぞ」。りうかくゑい答云「おれが申さん事、あへて用べきにあらず。され、なげきなら年月をふるなり」いふ孔子の云、「そこをしへ給はずは、我行てをしへん。いかがるべき」。うかゑい云「さらにおはすべからず。いみじきと葉をつくてをしへ給とも、なびくべ物にあらず。かへりてあしき事いできなん。あるべき事にあらず」。孔子云「あしけれ、人の身えた物は、おのづからよき事をいふに、つく事もあるなり。それに『あしかりなん。よもきかじ』といふ事は、ひが事也。よし、み給へ。をしへてみせ申さん」と、こと葉をはちて、盗跖がもとへおはしぬ+これも今は昔、唐土(も)に柳下恵(りうかくゑい)といふ人ありき。世のかしこき者してせらる。その弟(おと)に、盗跖(たうせき)といふ者あり一つの山ふところに住みて、もろもろのしき招き集めて、おのが伴侶とをば歩(あり)時は、この悪しき具すること二・三千人
  
-よりおり立てみればありとある、し鳥をし、もろもろのしき事をつどへた人をまねきて、「孔子ものんまいりたる」といひいるるに、すなち使かていはく、「をときく人也何事によりてたれるぞ。人ををしふる人。我ををしへにたれるか。我心にかなはば用ん。叶はずは肝なますといふその時に孔子、すすみ出て庭に立て、先盗跖拝て、のぼりて座く。盗跖をみば、頭のかみは上ざまにしみだれたる、蓬のごと目大にみくるべかすふきいからかし牙をかみ、ひげをそらてゐたり+道に逢ふ人を滅ぼし、恥を見せ、からぬことの限を好みて過ぐすに柳下恵、道を行く時に、孔子に逢ひぬ。「いづくへおはするぞ。みづから対面して聞こえん思ふことのあるこく逢ひ給へり」と言ふ。柳下恵「いかなるとぞ」と問ふ。「教訓聞こえんと思ふことは、そこの舎弟、もろもろのしきことの限を好みて、多くの人を歎かする。など制し給はぬぞ」。柳下恵答へいはく、「れが申さんこを、あへて用べきにあらず。されば、歎きがら年月を経なり」と言ふ。孔子のいはく、「そこ教給はずは、われ行き教へん。いかがあるべき」。柳下恵いはく、「さらおはすべからずいみじ言葉て教へ給ふとも、なびあらず。へりて悪しきこと出で来なん。あるべきこと」。孔子いはく「悪しけれど人の身得たる者はづから良きことを言ふこともあるなりれに『悪かりなん。よも聞かじ』といふことは(ひがごと)なりし、見給へ教へて見せ申さん」と言葉放ちて盗跖がもとへおは
  
-盗跖がいはく「汝きたれるゆへはいかにぞ。たしかに申せ」いかれ声のたかくおそろげなるもちていふ。孔子思給「かねてききし事なれど、かくばかりおそしきものとは思はざり。かち、あさま、こゑまで、とは覚ず」。も心もくだけてふるれどおもひ念じていはく、「人の世やうは、道理もちて身のかざりし、心のをてとする物也だき、地をふみて、四方をためとし、大やけうやまひたてまつり下をあれみ人にさけをいたを事する物なりに、うけ給はれば心のほしきまにあしき事事とするは当時は心かなふやうなれども、終あしき物也れば、猶、人よきにしたがふを然ば申にしたがひて、いますかるべき也。の事申さんと思まいつる也」といふ+馬より下り門に立ちて見ればあり者、獣(し)・鳥殺し、もろも悪し事を集へたりを招きて、「魯の孔子とい者なん参りた」と言ひ入るにすなはち使返りていはく、「音に聞くなり。何事よりて来たれぞ。人教ふる人とき教へに来れる。わが心かなはば用ゐん。かなはずは、肝膾(きも)に作らん」言ふその時に、孔子、進み出でて、庭に立ちて、まづ盗跖上りて座着く盗跖を見れば、頭の髪上ざまにして、乱れること、蓬(もぎ)のご目大きにして、見くるべかす。鼻を吹いからかし、牙を噛み、髭(ひげ)をらしゐたり。
  
-時に盗跖、いかづちのやうなる声をあげて、わらひていはく、「汝がいふ事ども一もあらず。その、むし、尭、舜と申二人の御門、世にたうとまれ給き。しかれども、そ子孫世に針さす斗の所しらず世にかしこき、伯夷、叔斉なり。首陽山にふせて餓死きそこ弟子顔回といふ者ありき。かしこくしへたてたりしかども不幸にて命みじかし。又、おなじき弟子みといふものき。れいの門にして殺されき。しかれば、輩は、つゐしこき事もなし。我、又、あしき事をこのめど、災身にきたらず。ほめらるもの四五日過ず。そしらるる又四五日に過ず。あしきよき事も、がくめられながくそられず。しかれば、我このみしたがひてまふべきなり。汝、又、木を折冠にし皮を持て衣とし、世をおそ、大やけにおぢたてまつるも、二たび魯にうつされ、あとをゑいにけづらる。など、かしこからぬ。汝がいふ所、誠におろかなり。すみやかに、はしり帰りね。一も用るべからず。」とふ。+盗跖いはく、「汝、れるかにぞ。たしかに申せ」と怒る声の、高く恐しげなるもちていふ孔子思ひ給ふねても聞きしことなれど、かくばかり恐し者と思はざ形・あさま・声まで、人とは思えず」肝心(きもこころ)も砕けて震はるれど、思ひ念じていはく「人にあるやうは、道理をもちて身の飾とし、心の掟(おて)とするものなりだき、地を踏みて、四方を固めとし、おほやけ敬ひ奉り下を哀れ、人に情けをいたすをことするものり。しかるに、承れば、心の欲しきままのみととす当時は心かなふやうなれども、終り悪しきものなり。さればなほ、人は良きに従ふをよとす。しかれば、申すひていますかるべきなり。そのこと申さんと思ひて、りつるなり」とふ。
  
-時に子、いふべきえずして、座を立て、いそぎ出て、馬に乗給に、よくおくしけるにや、轡を二たびとりは鐙をしきりに踏は+時に盗跖、雷(いかづち)のやうなる声を上げて、笑ひていはく、「なんぢが言ふことども、一つも当たらず。そのゆゑは、昔、尭・舜と申す二人の帝(みかど)、世に貴まれ給ひき。しかれども、その世に針さすばかりの所を知らず。また、世に賢き人は、伯夷・叔斉なり。首陽山に伏せりて餓ゑ死にき。また、そこの弟子に顔回とふ者ありき。賢く教へたてたりしかども、不幸にして命短かし。また、同じき弟子にて、しみ((底本ママ。「子路(しろ)」の誤り。))といふ者ありき。れい((底本ママ。「衛(ゑい)」の誤り。))の門にして殺されき。しかあれば、賢き輩(ともがら)は、つひに賢きこともなし。われまた悪しきことを好めど、災ひ身に来たらず。讃めらるるもの、四・五日に過ぎず。謗らるるもの、また四・五日に過ぎず。悪しきことも、良きことも、長く讃められ、長く謗られず。しかれば、わが好みに従ひて振舞ふべきなり。なんぢ、また、木を折りて冠にし、皮をもちて衣とし、世を恐り、ほやけに怖ぢ奉るも、二度(ふたたび)魯に移され、あとを衛に削らる。など賢からぬ。なんぢが言ふ所、まことに愚かなり。すみやかに走り帰りね。一も用ゐるべからず。」と言ふ。 
 + 
 +時に孔子、また言ふべきこと思えずして、座を立て、ぎ出て、馬に乗に、よくしけるにや、轡(くつわ)を二度(ふたたび)取り外し、鐙(あぶみ)をしきりに踏み外す。 
 + 
 +世の人、「孔子倒(くじたう)れす」言ふな。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これも今むかしもろこしにりうかくゑいといふ人ありき世のかし 
 +  こき物にして人にをもくせらるそのおととに盗跖と云者あり一の 
 +  山ふところに住てもろもろのあしき物をまねき集てをのか伴侶と 
 +  して人の物をは我物とすありく時はこのあしき物ともをくする 
 +  事二三千人也道にあふ人をほろほし恥をみせよからぬ事の 
 +  かきりを好みて過すにりうかくゑい道を行時に孔子に逢ぬ 
 +  いつくへおはするそみつから対面してきこえんとおもふ事のあるに 
 +  かしこく逢給へりといふりうかくゑいいかなる事そととふ教訓し 
 +  きこえんと思事はそこの舎弟もろもろのあしき事のかきりを好みて 
 +  おほくの人をなけかするなと制し給はぬそりうかくゑい答云おの/下109オy471 
 + 
 +  れか申さん事をあへて用へきにあらすされはなけきなから年月を 
 +  ふるなりといふ孔子の云そこをしへ給はすは我行てをしへんいかか 
 +  あるへきりうかくゑい云さらにおはすへからすいみしきこと葉をつくし 
 +  てをしへ給ともなひくへき物にあらすかへりてあしき事いてきなん 
 +  あるへき事にあらす孔子云あしけれと人の身をえたる物はおのつから 
 +  よき事をいふにつく事もあるなりそれにあしかりなんよもきかしと 
 +  いふ事はひか事也よしみ給へをしへてみせ申さんとこと葉をはな 
 +  ちて盗跖かもとへおはしぬ馬よりおり門に立てみれはありとある物 
 +  しし鳥をころしもろもろのあしき事をつとへたり人をまねきて魯 
 +  の孔子といふものなんまいりたるといひいるるにすなはち使かへりて 
 +  いはくをとにきく人也何事によりてきたれるそ人ををしふる人ときく 
 +  我ををしへにきたれるか我心にかなはは用ん叶はすは肝なますに作 
 +  らんといふその時に孔子すすみ出て庭に立て先盗跖を拝てのほりて座に/下109ウy472 
 + 
 +  つく盗跖をみれは頭のかみは上さまにしてみたれたる事蓬 
 +  のことし目大にしてみくるへかす鼻をふきいからかし牙をかみひ 
 +  けをそらしてゐたり盗跖かいはく汝きたれるゆへはいかにそた 
 +  しかに申せといかれる声のたかくおそろしけなるをもちて 
 +  いふ孔子思給かねてもききし事なれとかくはかりおそろしきもの 
 +  とは思はさりきかたちありさまこゑまて人とは覚すきも心も 
 +  くたけてふるはるれとおもひ念していはく人の世にあるやうは 
 +  道理をもちて身のかさりとし心のをきてとする物也天を 
 +  いたたき地をふみて四方をかためとし大やけにうやまひたて 
 +  まつり下をあはれみ人になさけをいたすを事とする物なり 
 +  然にうけ給はれは心のほしきままにあしき事をのみ事とするは 
 +  当時は心にかなふやうなれとも終あしき物也されは猶人はよきに 
 +  したかふをよしとす然は申にしたかひていますかるへき也その/下110オy473 
 + 
 +  事申さんと思てまいりつる也といふ時に盗跖いかつちのやう 
 +  なる声をあけてわらひていはく汝かいふ事とも一もあたらす 
 +  そのゆへはむかし尭舜と申二人の御門世にたうとまれ給き 
 +  しかれともその子孫世に針さす斗の所をしらす又世に 
 +  かしこき人は伯夷叔斉なり首陽山にふせりて餓死き 
 +  又そこの弟子に顔回といふ者ありきかしこくをしへ 
 +  たてたりしかとも不幸にして命みしかし又おなしき弟子 
 +  にてしみといふものありきれいの門にして殺されきしかあれ 
 +  はかしこき輩はつゐにかしこき事もなし我又あしき事を 
 +  このめと災身にきたらすほめらるるもの四五日に過す 
 +  そしらるるもの又四五日に過すあしき事もよき事もな 
 +  かくほめられなかくそしられすしかれは我このみにしたかひて 
 +  ふるまふへきなり汝又木を折て冠にし皮を持て衣とし/下110ウy474 
 + 
 +  世をおそり大やけにおちたてまつるも二たひ魯にうつされ 
 +  あとをゑいにけつらるなとかしこからぬ汝かいふ所誠に 
 +  おろかなりすみやかにはしり帰りね一も用るへからすと 
 +  いふ時に孔子又いふへき事おほえすして座を立て 
 +  いそき出て馬に乗給によくおくしけるにや轡を二たひ 
 +  とりはつし鐙をしきりに踏は世の人孔子た 
 +  うれすといふなり/下111オy475
  
-世の人「孔子たうれす」と、いふなり。 


text/yomeiuji/uji197.1413180166.txt.gz · 最終更新: 2014/10/13 15:02 by Satoshi Nakagawa