Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第197話(巻15・第12話)盗跖と孔子、問答の事

盗跖与孔子問答事

盗跖と孔子、問答の事

これも今はむかし、もろこしにりうかくゑい1)といふ人ありき。世のかしこき物にして、人にをもくせらる。そのおととに、盗跖と云者あり。一の山ふところに住て、もろもろのあしき物をまねき集て、をのが伴侶として、人の物をば我物とす。ありく時は、このあしき物どもをぐする事、二三千人也。

道にあふ人をほろぼし、恥をみせ、よからぬ事のかぎりを好みて過すに、りうかくゑい、道を行時に、孔子に逢ぬ。「いづくへおはするぞ。みづから対面してきこえんとおもふ事のあるに、かしこく逢給へり」といふ。りうかくゑい、「いかなる事ぞ」ととふ。「教訓しきこえんと思事は、そこの舎弟、もろもろのあしき事のかぎりを好みて、おほくの人をなげかする。など制し給はぬぞ」。りうかくゑい答云、「おのれが申さん事を、あへて用べきにあらず。されば、なげきながら年月をふるなり」といふ。孔子の云、「そこをしへ給はずは、我行てをしへん。いかがあるべき」。りうかくゑい云、「さらにおはすべからず。いみじきこと葉をつくしてをしへ給とも、なびくべき物にあらず。かへりてあしき事いできなん。あるべき事にあらず」。孔子云「あしけれど、人の身をえたる物は、おのづからよき事をいふに、つく事もあるなり。それに『あしかりなん。よもきかじ』といふ事は、ひが事也。よし、み給へ。をしへてみせ申さん」と、こと葉をはなちて、盗跖がもとへおはしぬ。

馬よりおり、門に立てみれば、ありとある物、しし、鳥をころし、もろもろのあしき事をつどへたり。人をまねきて、「魯の孔子といふものなんまいりたる」といひいるるに、すなはち使かへりていはく、「をとにきく人也。何事によりてきたれるぞ。人ををしふる人ときく。我ををしへにきたれるか。我心にかなはば用ん。叶はずは肝なますに作らん」といふ。その時に孔子、すすみ出て、庭に立て、先盗跖を拝て、のぼりて座につく。盗跖をみれば、頭のかみは上ざまにして、みだれたる事、蓬のごとし。目大にして、みくるべかす。鼻をふきいからかし、牙をかみ、ひげをそらしてゐたり。

盗跖がいはく、「汝、きたれるゆへはいかにぞ。たしかに申せ」といかれる声のたかくおそろしげなるをもちていふ。孔子思給、「かねてもききし事なれど、かくばかりおそろしきものとは思はざりき。かたち、ありさま、こゑまで、人とは覚ず」。きも心もくだけてふるはるれど、おもひ念じていはく、「人の世にあるやうは、道理をもちて身のかざりとし、心のをきてとする物也。天をいただき、地をふみて、四方をかためとし、大やけにうやまひたてまつり、下をあはれみ、人になさけをいたすを事とする物なり。然に、うけ給はれば、心のほしきままにあしき事をのみ事とするは、当時は心にかなふやうなれども、終あしき物也。されば、猶、人はよきにしたがふをよしとす。然ば申にしたがひて、いますかるべき也。その事申さんと思てまいりつる也」といふ。

時に盗跖、いかづちのやうなる声をあげて、わらひていはく、「汝がいふ事ども、一もあたらず。そのゆへは、むかし、尭、舜と申二人の御門、世にたうとまれ給き。しかれども、その子孫、世に針さす斗の所をしらず。又、世にかしこき人は、伯夷、叔斉なり。首陽山にふせりて餓死き。又、そこの弟子に顔回といふ者ありき。かしこくをしへたてたりしかども、不幸にして命みじかし。又、おなじき弟子にて、しみといふものありき。れいの門にして殺されき。しかあれば、かしこき輩は、つゐにかしこき事もなし。我、又、あしき事をこのめど、災身にきたらず。ほめらるるもの、四五日に過ず。そしらるるもの、又四五日に過ず。あしき事もよき事も、ながくほめられ、ながくそしられず。しかれば、我このみにしたがひてふるまふべきなり。汝、又、木を折て冠にし、皮を持て衣とし、世をおそり、大やけにおぢたてまつるも、二たび魯にうつされ、あとをゑいにけづらる。など、かしこからぬ。汝がいふ所、誠におろかなり。すみやかに、はしり帰りね。一も用るべからず。」といふ。

時に孔子、又いふべき事おぼえずして、座を立て、いそぎ出て、馬に乗給に、よくおくしけるにや、轡を二たびとりはづし、鐙をしきりに踏はづす。

世の人「孔子たうれす」と、いふなり。

1)
柳下恵
text/yomeiuji/uji197.txt · 最終更新: 2014/10/13 15:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa