ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji194

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji194 [2014/10/13 13:46]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji194 [2019/12/07 15:46] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 **仁戒上人、往生の事** **仁戒上人、往生の事**
  
-これも今はむかし、南京に仁戒上人といふ人ありけり。山階寺の僧なり。才学寺中にならぶ輩なし。+===== 校訂本文 =====
  
-然に道心をおこして、寺を出んしけるに、その時の別当興正僧都、みじう惜みて、制しとどめて、出し給はず。しわびて、西の里なるの女を妻にして通ければ、人々、やうやうささやきだちけり。「人にあまねくしらせん」とて、家門に、此女の頸にいだきつきて、うしろに立そひたり。行とをる人みてあさましがり、心うがる事限なし。いたづら物成ぬ、人にしせんため+これも今は昔南京((奈良))仁戒上人といありけり。山階寺((興福寺))僧なり。才学寺中並ぶ輩(もが)
  
-さりながら、此妻と相具ながら近づく事なし。堂入て、夜もすがら眠ずして、として行ひり。此事を別当僧都聞て弥たみて喚よせければ、しわびて逃て、葛下郷郡司が聟に成にけり。念珠などをもわざ持ずして、只心中道心は弥堅固に行り。+かるに、にはか道心をおこして、出でんとしけるに、その時の別当興正僧都、いみじ惜しみて、制しとどめて、出だし給はず。しわびて、西里なる人の女(むすめ)を妻して通ひければ、人々、やうやうささやき立ちけり。「人にあまねく知らせん」とて、、この女の頸に抱(いだ)きつきて、後ろに立ちそひたり。き通る人見てあさましがり、心憂がることかぎりなし。「いたづら者になりぬ」と、人に知らせんためなり。
  
-爰に添下郡郡司此上人目をどめて、ふかくたうとみ思ければ、跡定め、ありきける尻に立て、衣食沐浴等いとなみけり。上人思やう、「いかに思て、この郡司夫妻は、ねん比に我訪らん」とて、その心を尋ければ、郡司答るやう「何事ん。ただ貴く思侍れば、かやうに仕也。但、一事申思事あ」といふ「何事ぞ」問ば、「御臨終の時は、いかにしてか値申べき」といひければ上人にまかせたる事やうに、「とやすき事有なん」と答れば、郡司、手をすりて悦けり。+さりながら妻とあひ具しながらさら近付くこなし。堂に入りて、すがら眠らて、落して行ひけり。このこと別当僧都聞きて、いよいよ貴みて呼び寄せければ、しわびて逃げて葛下郷(きしものさと)の郡司が聟になりにけり。念珠などをもわざ持たずして、ただ道心はよいよ堅固行ひけり。
  
-さて年比過て、或冬雪ふりける日。暮がたに、上人、郡司が家来ぬ。郡司喜て、例の事なれば、食物下人どもにもいとなませず、夫婦手づから、みづからしてめさせけり。湯などあみ伏ぬ。暁は又、郡司夫妻とくおきて食物種々なむに上人臥給へる方よりばしき限なし匂一家まり、「是は名香など焼給なめり」とおもふ。「暁はとく出ん」との給つれども、夜明るまでおき給ず。郡司、「御たり。此由申せ」と御弟子にいへば、「腹あしくおはする上人なり。あしく申て打れ申さん。今おなん」といひゐたり。+ここに添下郡(そのしものこほ)の郡司この上人に目をとどめて、深く貴み思ひければ、定めず歩(あり)きける尻立ちて衣食・沐浴などを営みけり。上人思ふやう、「いかに思ひて、この郡司夫妻ねんごろわれをぶらふらん」とて心を尋ねければ郡司答ふるや、「何か侍らんただ貴く思ひ侍れば、かやうつかつるな。ただし一事申さんと思ふことあり」とふ。「何事ぞ」と、「御臨終の時、かにしてか会ひ申すべき」と言ひければ、上人、心にまかせたることのやうに、「いとやすことにありなん」と答ふれば、郡司、手をすり悦びけり。
  
-さるに、日も出ぬれば、「例はかやうに久しくは給はぬに、あやし」と思て、りてとなひけれど、をとなし。けてれば、西に向、端座合掌して、はや死給へり。浅増事限なし。郡司夫婦、御弟子など、悲泣み、かつはたうと、おがみけり。「暁、かうばしかりつるは、極楽の迎なりけり」と思はす。+て、年ごろ過ぎて、あ冬、雪降りける日、暮れ方に、上人、郡司が家に来ぬ。郡司、喜びて、例のことなれば、食物、下人どもにも営ませず、夫婦手づから、みづからして召させけり。湯など浴みて臥しぬ。暁はまた、郡司夫妻とく起きて、食物種々に営むに、上人の臥し給へる方、香ばしきことかぎりなし。匂ひ一家に宛まり((「宛まり」底本ママ。))、「これは名香など焼き給ふなめり」と思ふ。「暁はとく出でん」とのたまひつれども、夜明くるまで起き給はず。郡司、「御粥出で来たり。このよし申せ」と御弟子に言へば、「腹悪しくおはする上人なり。悪しく申して打たれ申さん。今起き給ひなん」と言ひてゐたり。 
 + 
 +さるほどに、日も出ぬれば、「例はかやうに久しくは給はぬに、あやし」と思て、りてとなひけれど、なし。けてれば、西に向、端座合掌して、はや死給へり。あさましことかぎりなし。郡司夫婦、御弟子どもなど、悲しみみ、かつはみけり。「暁、ばしかりつるは、極楽の迎なりけり」と思ひ合はす。「『終りに会ひ申さん』と申ししかば、ここに来給ひてけるにこそ」と、郡司、泣く泣く葬送のこともとり沙汰しけるとなん。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これも今はむかし南京に仁戒上人といふ人ありけり山階寺の僧/下106オy465 
 + 
 +  なり才学寺中にならふ輩なし然に俄に道心をおこして 
 +  寺を出んとしけるにその時の別当興正僧都いみしう惜みて 
 +  制しととめて出し給はすしわひて西の里なる人の女を妻に 
 +  して通けれは人々やうやうささやきたちけり人にあまねくしら 
 +  せんとて家の門に此女の頸にいたきつきてうしろに立そひたり 
 +  行とをる人みてあさましかり心うかる事限なしいたつら物に 
 +  成ぬと人にしらせんためなりさりなから此妻と相具しなから更に 
 +  近つく事なし堂に入て夜もすから眠すして涙をおとして行ひ 
 +  けり此事を別当僧都聞て弥たうとみて喚よせけれはしわひて 
 +  逃て葛下郷の郡司か聟に成にけり念珠なとをもわさと持すし 
 +  て只心中の道心は弥堅固に行けり爰に添下郡の郡司此上人に 
 +  目をととめてふかくたうとみ思けれは跡も定めすありきける尻に 
 +  立て衣食沐浴等をいとなみけり上人思やういかに思てこの郡司/下106ウy466 
 + 
 +  夫妻はねん比に我を訪らんとてその心を尋けれは郡司答るやう 
 +  何事か侍らんたた貴く思侍れはかやうに仕也但一事申さんと 
 +  思事ありといふ何事そと問は御臨終の時いかにしてか値申 
 +  へきといひけれは上人心にまかせたる事のやうにいとやすき事に 
 +  有なんと答れは郡司手をすりて悦けりさて年比過て或冬雪 
 +  ふりける日暮かたに上人郡司か家に来ぬ郡司喜て例の事なれは 
 +  食物下人ともにもいとなませす夫婦手つからみつからしてめさせ 
 +  けり湯なとあみて伏ぬ暁は又郡司夫妻とくおきて食物種々に 
 +  いとなむに上人の臥給へる方かうはしき事限なし匂一家に宛 
 +  まり是は名香なと焼給なめりとおもふ暁はとく出んとの給つれとも 
 +  夜明るまておき給はす郡司御粥いてきたり此由申せと御弟子に 
 +  いへは腹あしくおはする上人なりあしく申て打れ申さん今おき給 
 +  なんといひてゐたりさる程に日も出ぬれは例はかやうに久しくはね給/下107オy467 
 + 
 +  はぬにあやしと思てよりてをとなひけれとをとなしひきあけて 
 +  みれは西に向端座合掌してはや死給へり浅増き事限なし 
 +  郡司夫婦御弟子共なと悲泣みかつはたうとみおかみけり暁かう 
 +  はしかりつるは極楽の迎なりけりと思あはすおはりにあひ申さん 
 +  と申しかはここに来給てけるにこそと郡司泣々葬送の事も 
 +  とりさたしけるとなん/下107ウy468
  
-「『おはりにあひ申さん』と申しかば、ここに来給てけるにこそ」と郡司、泣々葬送の事もとりさたしけるとなん。 


text/yomeiuji/uji194.1413175607.txt.gz · 最終更新: 2014/10/13 13:46 by Satoshi Nakagawa