ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji193

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji193 [2014/10/13 13:46]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji193 [2017/10/07 21:50] (現在)
Satoshi Nakagawa [第193話(巻15・第8話)相応和尚、都卒天に上る事(付、染殿后・・・]
ライン 18: ライン 18:
 しばしあれば、宮、紅の御衣二斗にをしつつまれて、鞠のごとく簾中よりころび出させ給て、和尚の前の簀子に投置たてまつる。人々さはぎて、「いと見ぐるし。内へ入たてまつりて、和尚も御前に候へ」といへども、和尚、「かかるかたいの身にて候へば、いかでかまかりのぼるべき」とて更のぼらず。はじめ召あげられざりしを、やすからずいきどをり思て、ただ簀子にて宮を四五尺あげて打奉る。人々、しわびて御几帳どもをさしおしてたてかくし、中門をさして人をはらへども、きはめて顕露なり。四五度斗打奉て、投入投入祈ければ、もとのごとく内へ投入つ。 しばしあれば、宮、紅の御衣二斗にをしつつまれて、鞠のごとく簾中よりころび出させ給て、和尚の前の簀子に投置たてまつる。人々さはぎて、「いと見ぐるし。内へ入たてまつりて、和尚も御前に候へ」といへども、和尚、「かかるかたいの身にて候へば、いかでかまかりのぼるべき」とて更のぼらず。はじめ召あげられざりしを、やすからずいきどをり思て、ただ簀子にて宮を四五尺あげて打奉る。人々、しわびて御几帳どもをさしおしてたてかくし、中門をさして人をはらへども、きはめて顕露なり。四五度斗打奉て、投入投入祈ければ、もとのごとく内へ投入つ。
  
-其後、和尚まかりいで、「しばし候へ」と留れども、久く立て、「腰いたく候」とて、耳にもきき入ずして出ぬ。「験徳あらたなり」とて、僧都に任べきよし、宣下せらるれども、「かやうのかたいは何条僧綱に成べき」とて、返し奉る。+其後、和尚まかりいで、「しばし候へ」と留れども、久く立て、「腰いたく候」とて、耳にもきき入ずして出ぬ。宮は投入られて後、御物気さめて、御心ちさはやかになり給ぬ。「験徳あらたなり」とて、僧都に任べきよし、宣下せらるれども、「かやうのかたいは何条僧綱に成べき」とて、返し奉る。
  
 其後も召されども、「京は人を賤うす所なり」とて更にまいらざりけるとぞ。 其後も召されども、「京は人を賤うす所なり」とて更にまいらざりけるとぞ。
 +


text/yomeiuji/uji193.txt · 最終更新: 2017/10/07 21:50 by Satoshi Nakagawa