ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji191

宇治拾遺物語

第191話(巻15・第6話)極楽寺の僧、仁王経の験を施す事

極楽寺僧施仁王経験事

極楽寺の僧、仁王経の験を施す事

校訂本文

これも今は昔、堀川太政大臣1)申す人、世心地(よごこち)大事にわづらひ給ふ。御祈りども、さまざまにせらる。世にある僧どもの参らぬはなし。参り集ひて、御祈りどもす。殿中、騒ぐことかぎりなし。

ここに、極楽寺は殿の造り給へる寺なり。その寺に住みける僧ども、「御祈せよ」といふ仰せもなかりければ、人も召さず。この時に、ある僧の思ひけるは、「この寺にやすく住むことは、殿の御徳にてこそあれ。殿失せ給ひなば、世にあるべきやうなし。召さずとも参らん」とて、仁王経を持ち奉りて、殿に参りて、もの騒がしかりければ、中門の北の廊の隅にかがまりゐて、つゆ目も見かくる人もなきに、仁王経を他念なく読み奉る。

二時ばかりありて、殿、仰せらるるやう、「極楽寺の僧、なにがしの大徳(だいとこ)やこれにある」と尋ね給ふに、ある人、「中門の脇の廊に候ふ」と申しければ、「それ、こなたへ呼べ」と仰せらるるに、人々、「怪し」と思ふ。そこばくのやんごとなき僧をば召さずして、かく参りたるをだによしなしと見ゐたるをしも、召しあれば、心も得ず思へども、行きて、召すよしを言へば参る。高僧どものつき並びたる、後ろの縁(えん)に、かがまりゐたり。

さて、「参りたるか」と問はせ給へば、南の簀子(すのこ)に候ふよし申せば、「内へ呼び入れよ」とて、臥し給へる所へ召し入らる。無下にものも仰せられず、重くおはしつるに、この僧召すほどの御気色の、こよなくよろしく見えければ、人々怪しく思ひけるに、のたまふやう、「寝たりつる夢に、恐しげなる鬼どもの、わが身をとりどりに打ち凌(りよう)じつるに、びんづら結ひたる童子の、楚(すはえ)持ちたるが、中門の方より入り来て、楚してこの鬼どもを打ち払へば、鬼どもみな逃げ散りぬ。『何ぞの童のかくはするぞ』と言ひしかば、『極楽寺のそれがしが、かくわづらはせ給ふこと、いみじう歎き申して、年来読み奉る仁王経を、今朝より中門の脇に候ひて、他念なく読み奉りて祈り申し侍る。その経の護法の、かく病ませ奉る悪鬼どもを追ひ払ひ侍るなり』と申すと見て、夢覚めてより、心地のかいのごふやうによければ、『その悦び言はん』とて呼びつるなり」とて、手をすりて拝ませ給ひて、棹(さを)にかかりたる御衣(おんぞ)を召して、かづけ給ふ。「寺に帰りて、なほなほ御祈りよく申せ」と仰せらるれば、悦びてまかり出づるほどに、僧俗の見思へる気色、やんごとなし。中門の脇に、ひめもすにかがみゐたりつる、覚えなかりしに、ことのほか美々しくてぞまかり出でにける。

されば、人の祈りは、僧の浄不浄にはよらぬことなり。ただ、心に入りたるが験あるものなり。「母の尼して祈りをばすべし」と、昔より言ひ伝へたるも、この心なり。

翻刻

これも今はむかし堀川太政大臣(兼通公)申人世心地大事にわつらひ
給ふ御祈ともさまさまにせらる世にある僧とものまいらぬはなし
参つとひて御祈ともす殿中さはく事かきりなし爰に極楽
寺は殿の造給へる寺也其寺に住ける僧とも御祈せよといふ
仰もなかりけれは人もめさす此時に或僧の思けるは此寺にやすく
住事は殿の御とくにてこそあれ殿うせ給なは世にあるへきやうなしめ
さすともまいらんとて仁王経をもちたてまつりて殿にまいりて
物さはかしかりけれは中門の北の廊のすみにかかまりゐてつゆ/下102ウy458
めもみかくる人もなきに仁王経を他念なくよみたてまつる二時
斗ありて殿仰らるるやう極楽寺の僧なにかしの大とこやこれに
あると尋給に或人中門の脇の廊に候と申けれはそれ此方へ
よへと仰らるるに人々あやしと思そこはくのやんことなき僧をは
めさすしてかくまいりたるをたによしなしと見ゐたるをしもめしあれは
心もえす思へとも行てめすよしをいへはまいる高僧とものつきならひ
たるうしろのゑんにかかまりゐたりさてまいりたるかととはせ給へは
南の簀子に候よし申せは内へよひ入よとて臥給へる所へめし
入らるむけに物も仰られすをもくおはしつるにこの僧めすほとの
御気色のこよなくよろしくみえけれは人々あやしく思けるに
の給やうねたりつる夢におそろしけなる鬼ともの我身をとり
とりに打れうしつるにひんつらゆひたる童子のすはえ持たるか
中門のかたより入きてすはえして此鬼ともを打はらへは鬼ともみな/下103オy459
逃ちりぬ何その童のかくはするそといひしかは極楽寺のそれかし
かかくわつらはせ給事いみしう歎申て年来よみたてまつる仁王経
を今朝より中門のわきにさふらひて他念なくよみ奉て祈申
侍るその経の護法のかくやませたてまつる悪鬼ともを追払
侍る也と申とみて夢さめてより心ちのかいのこふやうによけれは
その悦いはんとてよひつる也とて手をすりておかませ給て棹
にかかりたる御衣をめしてかつけ給寺に帰て猶々御祈よく申
せと仰らるれは悦てまかりいつる程に僧俗の見思へるけしきやん
ことなし中門の腋に日めもすにかかみゐたりつるおほえなかりしに
ことの外ひひしくてそ罷出にけるされは人の祈は僧の浄不
浄にはよらぬ事也只心に入たるか験あるもの也母の尼して祈
をはすへしとむかしよりいひつたへたるもこの心なり/下103ウy460
1)
藤原基経。ただし、底本「兼通公」と傍注。


text/yomeiuji/uji191.txt · 最終更新: 2019/12/04 11:36 by Satoshi Nakagawa