ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji190

宇治拾遺物語

第190話(巻15・第5話)土佐判官代通清、人違ひして関白殿に合ひ奉る事

土佐判官代通清人違シテ関白殿ニ奉合事

土佐判官代通清、人違ひして関白殿に合ひ奉る事

校訂本文

これも今は昔、土佐判官代通清1)といふものありけり。歌を読み、源氏2)・狭衣3)などをうかべ、花の下、月の前と好き歩(あり)きけり。

かかる数寄者(すきもの)なれば、後徳大寺左大臣4)、「大内の花見んずるに、必ず」といざなはれければ、通清、「めでたきことにあひたり」と思ひて、やがて破車(やれぐるま)に乗りて行くほどに、あとより車二つ三つばかりして人の来れば、「疑ひなき、この左大臣のおはする」と思ひて、尻の簾(すだれ)をかき上げて、「あなうたて、あなうたて。とくとくおはせ」と扇を開きて招きけり。

はやう、関白殿のものへおはしますなりけり。招くを見て、御供の随身、馬を走らせて、駆け寄せて、車の尻の簾をかり落してけり。その時、通清、あはて騒ぎて、前よりまろび落ちけるほどに、烏帽子落ちにけり。いといと不便なりけりとか。

好きぬる者は、少しをこにもありけるにや。

翻刻

これも今はむかし土佐判官代通清といふもの有けり哥をよみ
源氏狭衣なとをうかへ花の下月の前とすきありきけり
かかるすき物なれは後徳大寺左大臣大内の花みんするにかならすと
いさなはれけれは通清目出き事にあひたりと思てやかて破車に
のりて行程にあとより車二三はかりして人のくれはうたかひなき
此左大臣のおはすると思て尻の簾をかきあけてあなうたてあなうたて/下102オy457
とくとくおはせと扇を開てまねきけりはやう関白殿の物へお
はしますなりけりまねくをみて御ともの随身馬をはしらせて
かけよせて車の尻の簾をかりおとしてけり其時通清あは
てさはきて前よりまろひおちける程に烏帽子落にけりいと
いと不便なりけりとかすきぬる物はすこしおこにもありけるにや/下102ウy458
1)
源通清
2)
源氏物語
3)
狭衣物語
4)
藤原実定


text/yomeiuji/uji190.txt · 最終更新: 2019/12/03 23:24 by Satoshi Nakagawa