Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第188話(巻15・第3話)賀茂祭の帰さ、武正兼行御覧の事

賀茂祭帰サ武正兼行御覧事

賀茂祭の帰さ、武正兼行御覧の事

これも今はむかし、賀茂祭のともに、下野武正、秦兼行つかはしたりけり。そのかへさ、法性寺殿、紫野にて御覧じけるに、武正兼行、殿下御覧ずとしりて、ことに引つくろひて渡りけり。武正、ことに気色してわたる。次に兼行、又わたる。おのおの、とりどりにいひしらす。

殿、御覧じて、「今一度北へわたれ」と仰ありければ、又、北へわたりぬ。さて、あるべきならねば、又南へ帰わたるに、此たびは、兼行さきに南へわたりぬ。「次に武正わたらんずらん」と人々まつ程に、武正、やや久しくみえず。「こはいかに。こはいかに」と、待けるに、むかひに引たる幔より東をわたるなりけり。「いかに、いかに」と待けるに、幔の上より冠のこじ斗みえて、南へわたりたりけるを、人々、「猶、ずちなきものの心ぎはなり」となんほめけりとか。

text/yomeiuji/uji188.txt · 最終更新: 2014/10/13 13:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa