ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji187

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji187 [2019/12/02 22:15]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji187 [2019/12/02 22:23] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-これも今は昔、胡国といふは、唐よりもはるかに北と聞くを、奥州の地にさし続きたるにやあらん」とて、宗任法師((安倍宗任))とて、筑紫にありしが語り侍りけるなり。+これも今は昔、胡国といふは、唐よりもはるかに北と聞くを、奥州の地にさし続きたるにやあらん」とて、宗任法師((安倍宗任))とて、筑紫にありしが語り侍りけるなり。
  
 この宗任が父は、頼時((安倍頼時))とて、陸奥(みちのくに)の夷(えびす)にて、「おほやけに従ひ奉らず」とて、「攻めん」とてせられけるほどに、「いにしへより今に至るまでに、おほやけに勝ち奉る者なし。われは過ぐさずと思へども、責めをのみかうぶれば、晴るるべき方なきを、奥の地より北に見渡さるる地あんなり。そこに渡りて、ありさまを見て、さてもありぬべき所ならば、われに従ふ人の限りを、みな率て渡して住まん」と言ひて、まづ舟一つを整へて、それに乗りて行きたりける人々、頼時、厨川の次郎((安倍貞任))、島海の三郎((安倍宗任))、さてはまた、むつまじき郎等ども、二十人ばかり、食物・酒など多く入れて、舟を出だしてければ、いくばくも走らぬほどに、見渡しなりければ、渡り着きにけり。 この宗任が父は、頼時((安倍頼時))とて、陸奥(みちのくに)の夷(えびす)にて、「おほやけに従ひ奉らず」とて、「攻めん」とてせられけるほどに、「いにしへより今に至るまでに、おほやけに勝ち奉る者なし。われは過ぐさずと思へども、責めをのみかうぶれば、晴るるべき方なきを、奥の地より北に見渡さるる地あんなり。そこに渡りて、ありさまを見て、さてもありぬべき所ならば、われに従ふ人の限りを、みな率て渡して住まん」と言ひて、まづ舟一つを整へて、それに乗りて行きたりける人々、頼時、厨川の次郎((安倍貞任))、島海の三郎((安倍宗任))、さてはまた、むつまじき郎等ども、二十人ばかり、食物・酒など多く入れて、舟を出だしてければ、いくばくも走らぬほどに、見渡しなりければ、渡り着きにけり。


text/yomeiuji/uji187.txt · 最終更新: 2019/12/02 22:23 by Satoshi Nakagawa