ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji187

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji187 [2014/10/13 13:42]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji187 [2019/12/02 22:23] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 **頼時が胡人見たる事** **頼時が胡人見たる事**
  
-これも今はむかし、胡国といふは唐よりもはるかに北ときくを、「奥州の地にさしつづきたるにやあらん」とて、宗任法師とて、筑紫にありしがかたり侍ける也。+===== 校訂本文 =====
  
-此むねたうが父、頼時とて、みちのくにのゑびすにて、「大やけにしたがひたてまつらず」「せめん」とてせられける程に、「いにしへより、今にいたまで、おほやけに勝たてまつるものなし。我はすぐさず思へども、責のみかうぶればはるるべき方なきを、おくの地より北みわる地あんなり、そこわたりて、りさまをみて、さてもありぬべき所なば、我にしたがふ人のかぎりを、みないてわたしてすまん」といひて、まづ舟一をとのへて、それて行たりける人々、頼時、厨川の次郎、島海の三郎、さては又、むつまじき郎等ども、廿人斗、食物、酒ど、おほくいれて、舟をいだしてければ、いくばくもはしらぬ程に、みわたしなりければ、渡つきにけり。+これも今、「胡国いふはよりもは聞くを、奥州の地にさし続きたるにあらん」とて、宗任法師((安倍宗任))とて、筑紫しが語り侍りけるなり。
  
-左右はるかなる葦原ぞありける。大なる川の湊をみつけて、さし入けり。みゆる」と見けれど人けもなし。のぼぬべき所やあ」とみけれども、あし原にて、道ふたる方もなりければ、「もし、人けす所やあ」と川のぼりざまに七日までりにり。それがただおなじやうなければあさまきわざかな」とて、猶廿日ばかのぼりけども、人はひせざりけり。+この宗任が父、頼時((安倍頼時))とて、陸奥(みち)の夷(えびす)て、おほけに従ひ奉らず」とて、「攻めん」とてせらけるほ、「しへよ今に至までに、おほやに勝ち奉る者なし。わは過ぐさずと思へども、責めをのみかうぶれば、るるべき方なきを、地よ見渡さるる地あんなり。そこに渡、あさまを見て、さてもありぬべ所ならば、れに従ふ人の限りを、み率て渡して住まん」と言ひて、まづ舟一つを整へて、それに乗て行きたりける人々、頼時、厨川の次郎((安倍貞任))、島海の三郎((安倍宗任))、さてはまた、むつまじき郎等ども、二十ばかり、食物・酒など多く入れて、舟を出だしてれば、いくばく走らぬほどに、見渡しなければ、渡り着きにけり。
  
-卅日斗のぼりたりけるひびくやうにしけれ「いかる事のあるにか」とおそろしくてあし原にさしかくれて、ひびくやうにするかたをのぞきてみれば、とて絵にかきた姿したものの、あ物に頭ゆひたるが馬に乗つて打出たり。+左右は遥かなる葦原ぞありける。大きなる川の湊(みなと)を見付けて入れにけり。「人や見ゆる」と見けれども人気(ひとけ)もし。「陸(くが)に上りぬべき所やある」と見けれども原にて、道踏みた方もなりければ、「もし、気す所やあ」と、川を上(ぼ)りざまに七日まで上りにけり。それがただ同じやうなりければ、「さましわざかな」とて、なほ二十日ばかり上りけども、人の気配もせざりけり。
  
-「これはいなる物ぞ」とてみに、うちつづき数らず出きにり。河原のはたにあつまり立てききもしらぬことをさえづりて、はらはらと打入渡ける程に千騎斗あらんとぞみえわた。「これが足ひびて、はるかにきこえけなりけり。かち物をば馬にのりたるもののそば引付引付し、渡けをばただかりする所なめり」とみけり。+三十日ばり上りたりけるに、地の響くやしければ「いかなることるにか」と恐しくて、葦原さし隠れて、響くうにすをのきて見れば胡人とて、絵たる姿したの、赤きものにて頭結ひた馬に乗りつれてう出でたり。
  
-卅斗りつるに、一所も瀬もなかりしに、川なれば、「かれこそわたる瀬なりけれとみて人過てのちにさしよせてみれば、おなやうにそこひもしらぬ淵にてなんありける馬筏をつくりてをよせけるにかち人はそれにとりつきてわたりけるなる猶のるともはかりもなくおえければ、おそろしくてそれより帰にけり+「これはいかなる者ぞ」とて見るほどに、うち続き数知らず出で来にけり。河原端(はた)に集まり立ちて、聞きも知らぬことをさへづり合ひて、川にはらはらとうち入りて渡りけるほどに、千騎ばかりやあらんとぞ見えわたる。「これが足音の響きにて、遥かに聞こえけるなりけり。徒歩(かち)の者をば、馬に乗りたる者のそばに、引き付け引き付けして渡りけるをば、ただ徒歩渡りする所なめり」と見けり。 
 + 
 +三十日ばかり上りつるに、一所も瀬もなかりしに、川なれば、「かれこそ渡る瀬なりけれ」と見て、人過ぎて後に、さし寄せて見れば、同じやうに、底ひも知らぬ淵にてなんありける。馬筏(うまいかだ)を作りて泳がせけるに、徒人(かちびと)はそれに取付きて渡りけるなるべし。なほ上るとも、はかりもなく覚えければ、恐ろしくて、それより帰りにけり。 
 + 
 +さて、いくばくもなくてぞ、頼時は失せにける。されば、「胡国と日本の昔の奥の地とは、さし合ひてぞあんなる」と申しける。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これも今はむかし胡国といふは唐よりもはるかに北ときくを奥 
 +  州の地にさしつつきたるにやあらんとて宗任法師とて筑紫に 
 +  ありしかかたり侍ける也此むねたうか父は頼時とてみちのくにのゑ 
 +  ひすにて大やけにしたかひたてまつらすとてせめんとてせられける程に 
 +  いにしへより今にいたるまてにおほやけに勝たてまつるものなし我は 
 +  すくさすと思へとも責をのみかうふれははるるへき方なきを 
 +  おくの地より北にみわたさるる地あんなりそこにわたりてありさまを 
 +  みてさてもありぬへき所ならは我にしたかふ人のかきりをみないて 
 +  わたしてすまんといひてまつ舟一をととのへてそれにのりて 
 +  行たりける人々頼時厨川の次郎島海の三郎さては又むつ 
 +  ましき郎等とも廿人斗食物酒なとおほくいれて舟をいたし 
 +  てけれはいくはくもはしらぬ程にみわたしなりけれは渡つきに/下99オy451 
 + 
 +  けり左右ははるかなる葦原そありける大なる川の湊をみ 
 +  つけてその湊にさし入にけり人やみゆると見けれとも人けもなし 
 +  陸にのほりぬへき所やあるとみけれともあし原にて道ふみ 
 +  たる方もなかりけれはもし人けする所やあると川をのほりさま 
 +  に七日まてのほりにけりそれかたたおなしやうなりけれはあさ 
 +  ましきわさかなとて猶廿日はかりのほりけれとも人のけはひ 
 +  もせさりけり卅日斗のほりたりけるに地のひひくやうにしけれは 
 +  いかなる事のあるにかとおそろしくてあし原にさしかくれて 
 +  ひひくやうにするかたをのそきてみれは胡人とて絵にかき 
 +  たる姿したるもののあかき物にて頭ゆひたるか馬に乗つれて 
 +  打出たりこれはいかなる物そとてみる程にうちつつき数しらす出 
 +  きにけり河原のはたにあつまり立てききもしらぬことをさえつり 
 +  あひて川にはらはらと打入て渡ける程に千騎斗やあらんとそみえ/下99ウy452 
 + 
 +  わたるこれか足をとのひひきにてはるかにきこえけるなりけり 
 +  かちの物をは馬にのりたるもののそはに引付引付して渡けるをは 
 +  たたかちわたりする所なめりとみけり卅日斗のほりつるに一所 
 +  も瀬もなかりしに川なれはかれこそわたる瀬なりけれとみて人過 
 +  ​てのちにさしよせてみれおなやうにそこひもしらぬ淵にてなん 
 +  ​ありける馬筏をつくりてをよせけるにかち人はそれにとりつきて 
 +  ​わたりけるなるし猶のるともはかりもなくおえけれおそろしく 
 +  ​てそれより帰にけりさていくはくもなくてそ頼時は失にけるされは 
 +  胡国と日本のむかしのおくの地とはさしあひてそあんなると申ける/下100オy453
  
-さて、いくばくもなくてぞ、頼時は失にける。されば、「胡国と日本のむかしのおくの地とは、さしあひてぞあんなる」と申ける。 


text/yomeiuji/uji187.1413175329.txt.gz · 最終更新: 2014/10/13 13:42 by Satoshi Nakagawa