ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji182

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji182 [2014/10/13 13:40]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji182 [2019/11/30 17:51] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **仲胤僧都、連歌の事** **仲胤僧都、連歌の事**
  
-も今はむかし、青蓮院の座主のもとへ、七わたらせ給たりければ、「御つれづれなぐさめまいらせん」とて、わかき僧綱有職など、庚申して遊けるに、うへいとにくさげなるが、瓶子りなどしありきけるを、ある僧、しのびやかに、「うへわらは大童子にもおとりたりと連歌にしたりけるを、人々、しばし案ずるに、仲胤僧都、その座にありけるが、「やや胤、はやう付たり」とひければ、わかき僧たち、「いかに」とかほをまもりひ侍けるに、仲胤、祇園の御会を待なり」と付たりけり。+===== 校訂本文 ===== 
 + 
 +これも今は、青蓮院の座主((行玄・藤原良実))のもとへ、七わたらせ給たりければ、「御つれづれなぐさめらせん」とて、き僧綱(そうがう)・有職(いうそく)など、庚申(かうしん)して遊けるに、上童(うへわらは)のいとさげなるが、瓶子りなどし歩(あり)きけるを、ある僧、びやかに、 
 + 
 +  上童大童子(だいどうじ)にもりたり 
 + 
 +と連歌にしたりけるを、人々、しばし案ずるほどに、仲胤僧都、その座にありけるが、「やや胤、はやう付たり」とひければ、き僧たち、「いかに」とをまもりひ侍けるに、仲胤、 
 + 
 +  祇園の御会(ごゑ)を待つばかりなり 
 + 
 +と付けたりけり。 
 + 
 +これをおのおの、「この連歌は、いかに付けたるぞ」と忍びやかに言ひ合ひけるを、仲胤聞きて、「やや、わたう、『連歌だにかぬ』と付けたるぞかし」と言ひたりければ、これを聞き伝へたるものども、一度に、「はつ」ととよみ笑ひけりとか 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  是も今はむかし青蓮院の座主のもとへ七宮わたらせ給たり 
 +  けれは御つれつれなくさめまいらせんとてわかき僧綱有職なと 
 +  庚申して遊けるにうへ童のいとにくさけなるか瓶子とりなとし 
 +  ありきけるをある僧しのひやかにうへわらは大童子にもおとりたりと 
 +  連歌にしたりけるを人々しはし案する程に仲胤僧都その座に 
 +  ありけるかやや胤はやう付たりといひけれはわかき僧たちいかにと 
 +  かほをまもりあひ侍けるに仲胤祇園の御会を待斗なりと付 
 +  たりけりこれをおのおの此連歌はいかに付たるそとしのひやかにいひあひ 
 +  けるを仲胤聞てややわたう連歌たにつかぬと付たるそかしといひたりけれは 
 +  これをきき伝たるものとも一度にはつととよみわらひけりとか/下92オy437
  
-これをおのおの、「此連歌はいかに付たるぞ」としのびやかにいひあひけるを、仲胤聞て、「やや、わたう、連歌だにつかぬと、付たるぞかし」といひたりければ、これをきき伝たるものども、一度に「はつ」と、とよみわらひけりとか。 


text/yomeiuji/uji182.txt · 最終更新: 2019/11/30 17:51 by Satoshi Nakagawa