Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第182話(巻14・第8話)仲胤僧都、連歌の事

仲胤僧都連歌事

仲胤僧都、連歌の事

是も今はむかし、青蓮院の座主のもとへ、七官わたらせ給たりければ、「御つれづれなぐさめまいらせん」とて、わかき僧綱、有職など、庚申して遊けるに、うへ童の、いとにくさげなるが、瓶子とりなどしありきけるを、ある僧、しのびやかに、「うへわらは大童子にもおとりたり」と連歌にしたりけるを、人々、しばし案ずる程に、仲胤僧都、その座にありけるが、「やや胤、はやう付たり」といひければ、わかき僧たち、「いかに」とかほをまもりあひ侍けるに、仲胤、「祇園の御会を待斗なり」と付たりけり。

これをおのおの、「此連歌はいかに付たるぞ」としのびやかにいひあひけるを、仲胤聞て、「やや、わたう、連歌だにつかぬと、付たるぞかし」といひたりければ、これをきき伝たるものども、一度に「はつ」と、とよみわらひけりとか。

text/yomeiuji/uji182.txt · 最終更新: 2014/10/13 13:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa