Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第179話(巻14・第5話)新羅国后、金の榻の事

新羅国后金榻事

新羅国后、金の榻の事

これも今はむかし、新羅国に后おはしけり。その后、忍てみそかおとこをまうけてけり。

御門、このよしをきき給て、后をとらへて、髪に縄をつけて、上へつりつきて、あしを二三尺引あげてをきたりければ、すべきやうもなくて、心のうちに思給けるやう、「かかるかなしき目をみれども、たすくる人もなし。つたへてきけば、この国より東に、日本と云国あなり。その国に長谷観音と申仏現し給也。菩薩の御慈悲、此国まできこえてはかりなし。たのみをかけたてまつらば、などてかは助給はざらん」とて、目をひさぎて念じ入給程に、金の榻、あしの下にいできぬ。それをふまへてたてるに、すべてくるしみなし。人のみるには、此榻みえず。日比ありて、ゆるされ給ぬ。

後に后、持たまへる宝どもを、おほく使をさして、長谷寺にたてまつり給。その中に、大なるすず、かがみ、かねの簾、今にありとぞ。かの観音、念じたてまつれば、他国の人も、しるし蒙らずといふ事なしとなん。

text/yomeiuji/uji179.txt · 最終更新: 2014/10/13 13:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa