ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji176

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji176 [2014/10/13 13:37]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji176 [2017/09/30 14:23] (現在)
Satoshi Nakagawa [第176話(巻14・第2話)寛朝僧正、勇力の事]
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第176話(巻14・第2話)寛朝僧正、勇力の事 ======+====== 第175話(巻14・第1話)寛朝僧正、勇力の事 ======
  
 **寛朝僧正勇力事** **寛朝僧正勇力事**
ライン 6: ライン 6:
 **寛朝僧正、勇力の事** **寛朝僧正、勇力の事**
  
-今はむかし、遍照寺僧正、寛朝と云人、仁和寺をもしりたりければ、「仁和寺の破たる所、修理せさす」とて、番匠ども、各いでてのちに、「けふの造作は、いか程したるぞとみん」と思て、僧正、中ゆひうちして、高足太はきて、杖つきて、ただ独歩きて、あがるくいどもゆひたるもとに立まはりて、なま夕暮にみられたる程に、くろき装束したる男の、烏帽子引たれて、かほたしかにもみえずして、僧正の前にいできて、ついゐて刀をさかさまにぬきて、ひきかくしたるやうにもてなしてゐたりければ、僧正、「かれはなに物ぞ」と問けり。男、片膝をつきて、「わび人に侍り。さむさのたへがたく侍に、そのたてまつりたる御ぞ、一二おろし申さんと思給なり」といひままに、飛かからんと思たるけしき也ければ、「事にもあらぬ事にこそあんなれ。かくにおそろしげにおどさずとも、ただこはで、けしからぬぬしの心ぎはかな」といふままに、ちうと立めぐりて、尻をふたとけたりければ、けらるるままに、男かきけちて、みえずなりにければ、やはら歩帰て、坊のもとちかく行て、「人やある」とたかやかによびければ、坊より小法師走きにけり。+今はむかし、遍照寺僧正、寛朝と云人、仁和寺をもしりたりければ、「仁和寺の破たる所、修理せさす」とて、番匠ども、あまたつどひて作けり。 
 + 
 +日暮て、番匠ども、各いでてのちに、「けふの造作は、いか程したるぞとみん」と思て、僧正、中ゆひうちして、高足太はきて、杖つきて、ただ独歩きて、あがるくいどもゆひたるもとに立まはりて、なま夕暮にみられたる程に、くろき装束したる男の、烏帽子引たれて、かほたしかにもみえずして、僧正の前にいできて、ついゐて刀をさかさまにぬきて、ひきかくしたるやうにもてなしてゐたりければ、僧正、「かれはなに物ぞ」と問けり。男、片膝をつきて、「わび人に侍り。さむさのたへがたく侍に、そのたてまつりたる御ぞ、一二おろし申さんと思給なり」といひままに、飛かからんと思たるけしき也ければ、「事にもあらぬ事にこそあんなれ。かくにおそろしげにおどさずとも、ただこはで、けしからぬぬしの心ぎはかな」といふままに、ちうと立めぐりて、尻をふたとけたりければ、けらるるままに、男かきけちて、みえずなりにければ、やはら歩帰て、坊のもとちかく行て、「人やある」とたかやかによびければ、坊より小法師走きにけり。
  
 僧正、「行て火ともしてこよ。ここに、我きぬはがんとしつる男の、俄に失ぬるがあやしければ、みんと思ふぞ。法師原よびぐしてこ」とのたまひければ、小法師走帰て、「御房、ひはぎにあはせ給たり。御房たち、まいり給へ」とよばはりければ、坊々にありとある僧ども、火ともし太刀さげて、七八十人といできにけり。 僧正、「行て火ともしてこよ。ここに、我きぬはがんとしつる男の、俄に失ぬるがあやしければ、みんと思ふぞ。法師原よびぐしてこ」とのたまひければ、小法師走帰て、「御房、ひはぎにあはせ給たり。御房たち、まいり給へ」とよばはりければ、坊々にありとある僧ども、火ともし太刀さげて、七八十人といできにけり。
ライン 15: ライン 17:
  
 ぐして坊に帰て、「今よりのち、老法師とて、なあなづりそ。いとびんなき事なり」といひて、きたりけるきぬの中に、綿あつかりけるを、ぬぎてとらせて、おひ出してやりてけり。 ぐして坊に帰て、「今よりのち、老法師とて、なあなづりそ。いとびんなき事なり」といひて、きたりけるきぬの中に、綿あつかりけるを、ぬぎてとらせて、おひ出してやりてけり。
 +


text/yomeiuji/uji176.txt · 最終更新: 2017/09/30 14:23 by Satoshi Nakagawa