Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第172話(巻13・第12話)寂昭上人、飛鉢の事

寂昭上人飛鉢事

寂昭上人、飛鉢の事

いまはむかし、三川入道寂昭といふ人、唐に渡りて後、唐の王、やんごとなき聖どもをめしあつめて、堂をかざりて、僧膳をまうけて、経を講じ給けるに、王の給はく、「今日の斎莚は手ながの役あるべからず。をのをの我鉢を飛せやりて、物はうくべし」との給ふ。其心は、日本僧を試んがためなり。

さて、諸僧、一座より次第に鉢を飛せて物をうく。三川入道、末座に着たり。その番にあたりて、鉢を持てたたんとす。「いかで、鉢をやりてこそ、うけめ」とて人々せいしとどめけり。寂昭申けるは、「鉢を飛する事は別の法をおこなひてするわざなり。しかるに、寂昭、いまだ此法を伝行はず。日本国におひても、此法行ふ人なりけれど、末世にはおこなふ人なし。いかでか飛さん」といひてゐたるに、「日本の聖、鉢をそし、をそし」とせめければ、日本の方に向て、祈念じて云、「我国の三宝、神祇助給へ。恥みせ給な」と念じ入てゐたる程に、鉢、こまつぶりのやうにくるめきて、唐の僧の鉢よりもはやく飛て、物をうけて帰ぬ。

その時、王よりはじめて、「止事なき人也」とて、おがみけるとぞ、申侍たる。

text/yomeiuji/uji172.txt · 最終更新: 2014/10/13 13:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa