ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji166

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji166 [2017/09/21 20:24]
Satoshi Nakagawa [第166話(巻13・第6話)大井光遠の妹、強力の事]
text:yomeiuji:uji166 [2019/11/10 13:06] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **大井光遠の妹、強力の事** **大井光遠の妹、強力の事**
  
-むかし、甲斐国の相撲、大井光遠は、ひきふとに、いかめしく、力づよく、足はやく、みめことがらよりははじめて、いみじかりし相撲なり。それが妹に、年廿六七ばかりなる女の、みめことがらけはひもよく、姿もほそやかなるありけり。それは、のきたる家に住けるに、それが門に人にをはれたる男の、刀をぬきて、走入て、此女をしちにとりて、腹に刀をさしあてて居ぬ。+===== 校訂本文 =====
  
-人はしりて行てせうとの光遠に、「姫君質にとられ給ぬ」と告ければ光遠がいやう、「そのおもは、薩摩の氏長ばりこそはちにとらめ」といひて、なにとなくてゐた告つ「あやし」と思て立帰てよりの九月斗の事なば、薄色の衣一重に、をきて、口おほひしてゐたり+甲斐国相撲(すまひ)、大井光遠は、ひきふとにいく、力強く、足速く、見目(みめ)こよりはじめて、いみじかりし相撲り。そが妹に年二十六・七ばかりなの、見目ことがらけはひもく、姿も細やかなるあけり。それはきたる家に住みるにが門に、人に追はれたる男、刀きて、走り入りて、この女を質にとりて、腹に刀をさ当ててゐ
  
-男は大なるおのこの、おそろしなるが、刀をさてにとさしあてて、足をもて、うしろよりいだきてゐたり。の姫君左の手してかほをふたぎなく手しては前に矢ののあらつくりたるが二三十ばかりあるをりて手すさみもと、指にて、板敷にをてにじれば朽木のやはらかなるををくだくやうにくだく此ぬす人、目みる、あくな+人走りて行きて、兄(せうと)光遠に「姫君は質に取られ給ひぬ」と告ければ、光遠言ふやう「そおもとは、薩摩の氏長ばかりこそは取らめ」と言ひて、何となくてゐたれば、告げつる男(おの)「あや」と思ひて、立ち帰りて、物よりぞけば九月ばかりのこなれば薄色の衣(きぬ)一重て、口覆ひしてゐたり。男は大きなる男の、恐げな大の刀逆手に取り、腹にさし当てて、足をもて後ろより抱(いだ)きてゐたり。
  
-「いみじからんせうとかな。槌もちだくともかくはあらじゆゆしかり力かな。このやうにただ今のまに、我はくだれぬべ。むやくなり。逃なん」と思て、人はかり、とび出てにげはしれに、すゑに人ども走ひてとらへつ。はかて光遠がもとへぐして行ぬ。+姫君、左の手ては、顔ふたぎく。右の手ては、前に矢篦(やの)の荒作りたるが、二・三十ばかりを取りて、手すさみに、節のもを指に板敷に押し当ててにじれば、朽木の柔らなるを押砕くうに砕るをこの盗、目けみるに、あさましくなりぬ。
  
-光遠、「いかにおもひて逃つるぞ」とへば、申すやう「大なる矢箆ふしを朽木んどのやうにしくだき給つるを、『あさまし』と思、おそろしさに逃候つるなり」と申せば、光遠う笑て、「いかなりとも、その御もと、よもつかれじ。んとせん手をとて、ひねぢて、かみざまへつかば、肩はかみざまへいでてねぢらなまし。かしこをのれがかひぬかれまじ宿世ありて、御もとはねぢざりけるり。光遠だにも、おれをばてごろしにころして。かなをばねぢて、腹むねふまんに、をのれいきてんや。それに、かの御もとの力は光遠二人ばかりあはせたる力におはす物を。さこそほそやかに、女めかしくおはすれども、光遠が手たはぶれするに、とらへたるうでをとらへられぬれば、手ろごりゆるしべき物をあはれ、おのこ子にあらましかばあふかたきなくてぞあらま。口惜く女にある」といふをくに、この盗人、死べき心ちす。女と思て、「いみじき質を取たる」と思てあれども、その儀はなし+「いみじらん兄(せう)金鎚(かづち)もち砕くとも、かくあらじ。ゆゆしかりける力な。このやうにただ今間に、われ取りて砕かれぬべし。無益(むや)逃げなん」と思ひて、人目をはかりて飛び出でて、逃げ走れに、末に人ども走り合ひて捕へつ。縛りて、光遠がとへ具してきぬ。
  
-「おれをば、ころすべけれども、御もとのぬべくばこそ殺さめ。おれぬべかりけるに、かしこうとく逃てのきたるよ。大なる鹿の角をば、膝にあててちいさきから木のほそきなんを折やうにおる物をとて追放てやりけり+光遠、いかに思ひて逃げつるぞ」と問へば、申すやう、「大きなる矢箆の節を、朽木なんどのやうに押し砕き給ひつるを、『あさまし』と思ひて、恐しさに逃げ候ひつるなり」と申せば、光遠、うち笑ひて、「いかなりとも、その御もとは、よも突かれじ。突かんとせん手を取りて、かひねぢて上(かみ)ざまへ突かば、肩の骨は上ざまへ出でてねぢられなまし。かしこく、おのれが腕(かひな)抜かれまじ。宿世(すくせ)ありて、御もとはねぢざりけるなり。光遠だにも、おれをば手殺しに殺してん。腕(かひな)をばねぢて腹・胸を踏まんに、おのれは生きてんや。それに、かの御もとの力は、光遠二人ばかり合はせたる力にておはするものを。さそ細やかに、女めかしくおはすれども、光遠が手たはぶれするに、取らへたる腕(うで)を取らへられぬれば、手ひごりてゆるしつべきものを。あはれ、男子(おのこご)にてあらましかば、あふ敵(かたき)もなくてぞあらまし。口惜しく女にてある」と言ふを聞くに、この盗人、死ぬべき心地す。女と思ひて、「いみじき質を取りたる」と思ひてあれども、その儀はなし。 
 + 
 +「おれをば殺すべけれども、御もとのぬべくばこそ殺さめ。おれぬべかりけるに、かしこうとく逃てのきたるよ。大なる鹿の角をば、膝に当てて、小さき枯木(からき)の細きなんどを折るやうにおるものを」とて、追ひ放ちてやりけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  むかし甲斐国の相撲大井光遠はひきふとにいかめしく力つよく 
 +  足はやくみめことからよりはしめていみしかりし相撲なりそれ 
 +  か妹に年廿六七はかりなる女のみめことからけはひもよく姿も 
 +  ほそやかなるりけりそれはのきたる家に住けるにそれか門に 
 +  人にをはれたる男の刀をぬき走入此女をしちにとりて 
 +  腹に刀をさしあてて居ぬ人はしりて行てせうとの光遠に姫 
 +  君は質にとられ給ぬと告けれは光遠かいふやうそのおもとは 
 +  薩摩の氏長はかりこそはしちにとらめといひてなにとなくて 
 +  ゐたれは告つるおのこあやしと思て立帰て物よりのそけは九月斗 
 +  の事なれは薄色の衣一重に紅の袴をきて口おほひしてゐたり 
 +  男は大なるおのこのおそろしけなるか大の刀をさかてにとりて腹に/下71ウy396 
 + 
 +  さしあてて足をもてうしろよりいたきてゐたりこの姫君左 
 +  の手してはかほをふたきてなく右の手しては前に矢ののあら 
 +  つくりたるか二三十はかりあるをとりて手すさみに節のもとを 
 +  指にて板敷にをしあててにしれは朽木のやはらかなるををし 
 +  くたくやうにくたくるを此ぬす人目を付てみるにあさましく 
 +  なりぬいみしからんせうとのぬしかな槌をもちて打くたくとも 
 +  かくはあらしゆゆしかりける力かなこのやうにてはたた今のまに我は 
 +  とりてくたかれぬへしむやくなり逃なんと思て人めをはかりてとひ出て 
 +  にけはしれる時にすゑに人とも走あひてとらへつしはりて光遠 
 +  かもとへくして行ぬ光遠いかにおもひて逃つるそととへは申すやう 
 +  大なる矢箆のふしを朽木なんとのやうにをしくたき給つるを 
 +  あさましと思ておそろしさに逃候つるなりと申せは光遠うち笑て 
 +  いかなりともその御もとはよもつかれしつかんとせん手をとりてかひ/下72オy397 
 + 
 +  ねちてかみさまへつかは肩の骨はかみさまへいててねちられな 
 +  ましかしこくをのれかかひなぬかれまし宿世ありて御もとはねち 
 +  さりけるなり光遠たにもおれをはてころしにころしてんかひなをは 
 +  ねちて腹むねをふまんにをのれはいきてんやそれにかの御もとの 
 +  力は光遠二人はかりあはせたる力にておはする物をさこそほそや 
 +  かに女めかしくおはすれとも光遠か手たはふれするにとらへたる 
 +  うてをとらへられぬれは手ひろこりてゆるしつへき物をあはれ 
 +  おのこ子にてあらましかはあふかたきもなくてそあらまし口惜く 
 +  女にてあるといふをきくにこの盗人死ぬへき心ちす女と思て 
 +  いみしき質を取たると思てあれともその儀はなしおれをはこ 
 +  ろすへけれとも御もとのしぬへくはこそ殺さめおれしぬへかりけるに 
 +  かしこうとく逃てのきたるよ大なる鹿の角をは膝にあてて 
 +  ​ちいさきから木のほそきなんを折やうにおる物をとて追放てやりけり/下72ウy398
  


text/yomeiuji/uji166.txt · 最終更新: 2019/11/10 13:06 by Satoshi Nakagawa