ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji166

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji166 [2014/10/12 02:20]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji166 [2017/09/21 20:24] (現在)
Satoshi Nakagawa [第166話(巻13・第6話)大井光遠の妹、強力の事]
ライン 14: ライン 14:
 「いみじからんせうとのぬしかな。槌をもちて打くだくともかくはあらじ。ゆゆしかりける力かな。このやうにては、ただ今のまに、我はとりてくだかれぬべし。むやくなり。逃なん」と思て、人めをはかりて、とび出てにげはしれる時に、すゑに人ども走あひてとらへつ。はかりて光遠がもとへぐして行ぬ。 「いみじからんせうとのぬしかな。槌をもちて打くだくともかくはあらじ。ゆゆしかりける力かな。このやうにては、ただ今のまに、我はとりてくだかれぬべし。むやくなり。逃なん」と思て、人めをはかりて、とび出てにげはしれる時に、すゑに人ども走あひてとらへつ。はかりて光遠がもとへぐして行ぬ。
  
-光遠、「いかにおもひて逃つるぞ」ととへば、申すやう「大なる矢箆のふしを、朽木なんどのやうにをしくだき給つるを、『あさまし』と思て、おそろしさに逃候つるなり」と申せば、光遠うち笑て、「いかなりとも、その御もとは、よもつかれじ。つかんとせん手をとりて、かひねぢて、かみざまへつかば、肩の骨はかみざまへいでてねぢられなまし。かしこくをのれがかひなぬかれまじ。宿世ありて、御もとはねぢざりけるなり。光遠だにも、おれをばてごろしにころしてん。かひなをばねぢて、腹むねをふまんに、をのれはいきてんや。それに、かの御もの力は光遠二人ばかりあはせたる力にておはする物を。さこそほそやかに、女めかしくおはすれども、光遠が手たはぶれするに、とらへたるうでをとらへられぬれば、手ひろごりてゆるしつべき物を。あはれ、おのこ子にてあらましかば、あふかたきもなくてぞあらまし。口惜く女にてある」といふをきくに、この盗人、死ぬべき心ちす。女と思て、「いみじき質を取たる」と思てあれども、その儀はなし。+光遠、「いかにおもひて逃つるぞ」ととへば、申すやう「大なる矢箆のふしを、朽木なんどのやうにをしくだき給つるを、『あさまし』と思て、おそろしさに逃候つるなり」と申せば、光遠うち笑て、「いかなりとも、その御もとは、よもつかれじ。つかんとせん手をとりて、かひねぢて、かみざまへつかば、肩の骨はかみざまへいでてねぢられなまし。かしこくをのれがかひなぬかれまじ。宿世ありて、御もとはねぢざりけるなり。光遠だにも、おれをばてごろしにころしてん。かひなをばねぢて、腹むねをふまんに、をのれはいきてんや。それに、かの御もの力は光遠二人ばかりあはせたる力にておはする物を。さこそほそやかに、女めかしくおはすれども、光遠が手たはぶれするに、とらへたるうでをとらへられぬれば、手ひろごりてゆるしつべき物を。あはれ、おのこ子にてあらましかば、あふかたきもなくてぞあらまし。口惜く女にてある」といふをきくに、この盗人、死ぬべき心ちす。女と思て、「いみじき質を取たる」と思てあれども、その儀はなし。
  
 「おれをば、ころすべけれども、御もとのしぬべくばこそ殺さめ。おれしぬべかりけるに、かしこうとく逃てのきたるよ。大なる鹿の角をば、膝にあててちいさきから木のほそきなんどを折やうにおる物を」とて、追放てやりけり。 「おれをば、ころすべけれども、御もとのしぬべくばこそ殺さめ。おれしぬべかりけるに、かしこうとく逃てのきたるよ。大なる鹿の角をば、膝にあててちいさきから木のほそきなんどを折やうにおる物を」とて、追放てやりけり。
 +


text/yomeiuji/uji166.txt · 最終更新: 2017/09/21 20:24 by Satoshi Nakagawa