ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji165

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji165 [2014/10/12 02:20]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji165 [2019/11/10 12:11] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **夢買人の事** **夢買人の事**
  
-むかし備中国に、郡司ありけり。それが子に、ひきのまき人といふありけり。+===== 校訂本文 =====
  
-かき男にてありける時、夢をたりければ、「はせさせん」とて、夢きの女のもとに行て、夢合てのち、物語してゐたるに、人々あまたこゑしてくなり。国守の御子の太郎君のおはすなりけり。年は十七八の男にておはしけり。心ばへはらず、かたちきよげなり。人、四五人ばかりしたり。「これや夢きの女のもと」とへば、御の侍、「これにて候」とひてれば、まき人は上の方の内に入て、部屋のあるに入て、穴よりのぞきてれば、この君入給て、「夢をしかじかつる。いかなるぞ」とて、かたかす。女聞て、「よにいみじき御夢なり。かならず大臣までがり給べき返々目出く御覧じて候。あなかしこあなかしこ、人にかたり給な」と申ければ、君、うれしげにて、衣ぬぎて、女にらせて帰ぬ。+昔、備中国に郡司ありけり。それが子に、ひきのまき人((吉備真備。))といふありけり。若き男にてありける時、夢をたりければ、「はせさせん」とて、夢きの女のもとに行て、夢合てのち、物語してゐたるほどに、人々あまたして来()なり。国守の御子の太郎君のおはすなりけり。年は十七ばかりの男にておはしけり。心ばへはらず、げなり。人、四五人ばかりしたり。「これや夢きの女のもと」とへば、御の侍、「これにて候」とひてれば、まき人は上の方の内に入て、部屋のあるに入て、穴よりのぞきてれば、この君入給て、「夢をしかじかつる。いかなるぞ」とて、かす。女て、「よにいみじき御夢なり。ず大臣までがり給べきなりかへすがへすめでたく御覧じて候。あなかしこあなかしこ、人にり給な」と申ければ、この君、しげにて、衣(き)を脱ぎて、女にらせて帰ぬ。
  
-そのおり、まき人、部屋より出て、女にふやう、「夢はるといふのあるなり。君の御夢、らせ給へ。国守は四年過ぬれば、帰のぼりぬ。は国人なれば、いつもながらへてあらんずるうへに、郡司の子にてあれば、をこそ大事に思はめ」とへば、女、「のたまはんままに侍べし。さらば、おはしつる君のごとくにして、入給て、そのかたられつる夢を、つゆもたがはず、かたり給へ」とへば、まき人悦て、かの君のありつるやうに入て、夢がたりをしければ、女おなじやうにふ。まき人、いとうれしく思て衣をぎてらせてりぬ。+その、まき人、部屋より出て、女にふやう、「夢はるといふことのあるなり。この君の御夢、われらせ給へ。国守は四年過ぬれば、帰り上りぬ。われは国人なれば、いつもらへてあらんずるに、郡司の子にてあれば、われをこそ大事に思はめ」とへば、女、「のたまはんままに侍べし。さらば、おはしつる君のごとくにして、入て、そのられつる夢を、つゆも違(たが)はずり給へ」とへば、まき人悦て、かの君のありつるやうに入り来て、夢りをしければ、女、同じやうにふ。まき人、いとしく思衣をぎてらせてりぬ。
  
-そののち、文をなら、よみければ、たとほりにとほりて才ある人になりぬ大やけきこしめして心みらるるにまことに才ふかくありければ、もろこしへ物よくよくならへとてつかはして久しくもろこしにありてさままの事もならひつたへて帰たりければ、御門かしこき物におしめして次第になしあ給て大臣まになされにけり+その、文を習ひ読みければ、ただ通りに通りて、才(ざえ)ある人にりぬ。おほやけ聞こし召して、試みるるにまことに才深くありければ、唐土(もろこし)へ、「ものくよく習へ」とてつかはして、久しく唐土にありて、さまざまのことども習ひ伝へて帰りたりければ、御門、かしこき者に思し召して、次第になし上げ給ひて、大臣までになされにけり。 
 + 
 +されば、夢取ることは、まことにかしこきことなり。かの夢取られたりし備中守の子は、司(つかさ)もなき者にてやり。夢を取らざらましかば、大臣までもなりなまし。されば、「夢を人に聞かすまじきなり」と言ひ伝へり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  むかし備中国に郡司ありけりそれか子にひきのまき人 
 +  といふありけりわかき男にてありける時夢をみたりけれはあはせ 
 +  させんとて夢ときの女のもとに行て夢合てのち物語して 
 +  ゐたる程に人々あまたこゑしてくなり国守の御子の太郎君 
 +  のおはすなりけり年は十七八斗の男にておはしけり心はへはし 
 +  らすかたちはきよけなり人四五人はかりくしたりこれや夢と 
 +  きの女のもとととへは御共の侍これにて候といひてくれはまき人は 
 +  上の方の内に入て部屋のあるに入て穴よりのそきてみれはこの 
 +  君入給て夢をしかしかみつるいかなるそとてかたりきかす女聞て 
 +  よにいみしき御夢なりかならす大臣まてなりあかり給へき也返々 
 +  目出く御覧して候あなかしこあなかしこ人にかたり給なと申けれは此 
 +  君うれしけにて衣をぬきて女にとらせて帰ぬそのおりまき人 
 +  部屋より出て女にいふやう夢はとるといふ事のあるなり此君の/下70ウ394 
 + 
 +  御夢我にとらせ給へ国守は四年過ぬれは帰のほりぬ我は国人 
 +  なれはいつもなからへてあらんするうへに郡司の子にてあれは我を 
 +  こそ大事に思はめといへは女のたまはんままに侍へしさらはおはし 
 +  つる君のことくにして入給てそのかたられつる夢をつゆもたか 
 +  はすかたり給へといへはまき人悦てかの君のありつるやうに入きて 
 +  夢かたりをしけれは女おなしやうにいふまき人いとうれしく思て 
 +  衣をぬきてとらせてさりぬそののち文をならひよみけれはたた 
 +  ​とほりにとほりて才ある人になりぬ大やけきこしめして心みらるるに 
 +  ​まことに才ふかくありけれもろこしへ物よくよくならへとて 
 +  ​つかはして久しくもろこしにありてさままの事もならひつた 
 +  ​へて帰たりけれ御門かしこき物におしめして次第になし 
 +  ​給て大臣まになされにけりされは夢とる事は実に 
 +  かしこき事也かの夢とられたりし備中守の子は司もなき物/下71オy395 
 + 
 +  にてやみにけり夢をとられさらましかは大臣まても成なまし 
 +  されは夢を人にきかすましき也といひつたへたり/下71ウy396
  
-されば、夢とる事は実にかしこき事也。かの夢とられたりし備中守の子は、司もなき物にて、やみにけり。夢をとられざらましかば、大臣までも成なまし。されば、「夢を人にきかすまじき也」といひつたへたり。 


text/yomeiuji/uji165.txt · 最終更新: 2019/11/10 12:11 by Satoshi Nakagawa