Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第164話(巻13・第4話)亀を買て放つ事

亀ヲ買テ放事

亀を買て放つ事

昔、天竺の人、宝を買んために、銭五十貫を子にもたせてやる。

大きなる川のはたを行に、舟にのりたる人あり。舟のかたを見ゆれば、舟より亀、くびをさし出したり。銭持たる人、立どまりて、「その亀をば、なにのれうぞ」ととへば、「殺して物にせんずる」と云。「その亀かはん」といへば、この舟の人いはく、「いみじき大切の事ありて、まうけたる亀なれば、いみじきあたひなりとも、うるまじき」よしをいへば、なをあながちに、手をすりて、此五十貫の銭にて、亀を買取て、はなちつ。

心におもふやう、「親の宝買に、隣の国へやりつる銭を、亀にかへてやみぬれば、おやはいかに腹立給はんずらむ」。さりとて又、親のもとへいかであるべきにあらねば、帰行に、道に人あひていふやう、「ここに亀売つる人は、この下の渡にて、舟うち返して死ぬ」となんかたるをききて、親の家に帰行て、銭は亀にかへつるよし、かたらんと思程に、おやのいふやう、「なにとて、この銭をば返しをこせたるぞ」ととへば、子のいふ、「さる事なし。その銭にては、しかじか亀にかへてゆるしつれば、そのよしを申さんとて、まいりつるなり」といへば、親のいふやう、「くろき衣きたる人、おなじやうなる五人、おのおの五十貫づつ持てきたりつる。これぞなり」とてみせければ、この銭、いまだぬれながらあり。

はや、買て放しつる亀の、その銭、川に落入をみて、とりもちて、親のもとに子の帰らぬさきにやりける也。

text/yomeiuji/uji164.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa