ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji163

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji163 [2014/10/12 02:19]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji163 [2019/11/09 13:08] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **俊宣、迷神に合ふ事** **俊宣、迷神に合ふ事**
  
-今はむかし、三条院の八幡の行幸に、左京属にて、くにのとしのぶといふ物の供奉したりけるに、長岡に寺戸と云所の程いきけるに、人どもの、「このへんには、まよひ神あんなるへんぞかし」といひつつわたる程に、「としのぶも、さきくわ」といひて行程に、過もやらで、日もやうやうさがれば、いまは山崎のわたりには行つきぬべきに、あやしうおなじ長岡のへんをすぎて、おとくに川のつらを行と思へば、又、寺戸の岸をのぼる。寺戸過て、又ゆきもてゆきて、おとくに川のつらにきてわたるぞと思へば、又すこし桂川をわたる。+===== 校訂本文 =====
  
-やうや日もがたになりぬ。しりさきれども、人ひとりもみえなりぬしりさきにはるかにうちつきたりつる人もみえず。夜の深ぬれば、寺戸の西のかたなるいた屋の軒におりて夜をあかしてつとめて思へば、「我は左京の官人なり九条にてとまるきにかうまきつらんきはまりてよしなしそれにおな所を夜一夜めりありきけるは九条の程よりまよはし神のつきていてくるをしてかうしてけるなめりとおもひて明てなん西京の家には帰きたりける+今は昔、三条院((三条天皇))の八幡の行幸に、左京属(さきやうのさくわん)にて、邦俊宣(くにのとしのぶ)といふ者の供奉したりけるに、長岡に寺戸といふ所のほど行きけるに、人どもの、「この辺には、迷ひ神あんなる辺ぞかし」と言ひつつ渡るほどに、「俊宣も、さ聞くは」と言ひて行くほどに、過ぎもらで、日もやうやう下れば、今は山崎のわりには行き着きぬべきに、あやしう、同じ長岡の辺を過ぎて、「乙訓川(おとくにがは)のつらを行く」と思へば、また寺戸の岸を上る。寺戸過ぎて、また行きもて行きて、「乙訓川のつらに来て渡るぞ」と思へば、また少し桂川を渡る。 
 + 
 +やうやう日も暮れ方になりぬ。後先(しりさき)見れども、人一人も見えずなりぬ。後先に遥かにうち続きたりつる人も見えず。夜の更けぬれば、寺戸の西の方なる板屋の軒に下りて、夜を明かして、つとめて思へば、「われは左京の官人なり。九条にてとまるべきに、かうまで来つらん。きはまりてよしなし。それに、同じ所を、夜一夜めぐり歩(あり)きけるは、九条のほどより、迷(まよ)はかし神の憑きて、率て来るをして、かうしてけるなめり」と思ひて、明けてなん、西京の家には帰り来たりける。 
 + 
 +俊宣がまさしう語りしことなり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今はむかし三条院の八幡の行幸に左京属にてくにのとしのふ 
 +  といふ物の供奉したりけるに長岡に寺戸と云所の程いきけるに 
 +  人とものこのへんにはまよひ神あんなるへんそかしといひつつわたる 
 +  程にとしのふもさきくはといひて行程に過もやらて日もやうやう 
 +  さかれはいまは山崎のわたりには行つきぬへきにあやしうおなし 
 +  長岡のへんをすきておとくに川のつらを行と思へは又寺戸 
 +  の岸をのほる寺戸過て又ゆきもてゆきておとくに川の 
 +  つらにきてわたるそと思へは又すこし桂川をわたるやうやう日も暮 
 +  かたになりぬしりさきみれとも人ひとりもみえなりぬしりさきにはる/下69オy391 
 + 
 +  ​かにうちつきたりつる人もみえ夜の深ぬれ寺戸の西の 
 +  ​かたなるいた屋の軒におりて夜をあかしてつとめて思へ我は左京の 
 +  ​官人なり九条にてとまるきにかうまきつらんきはまりて 
 +  ​よしなしそれにおな所を夜一夜めりありきけるは九条の程 
 +  ​よりまよはし神のつきていてくるをしてかうしてけるなめりと 
 +  ​おもひて明てなん西京の家には帰きたりけるとしのふかまさしう 
 +  かたりし事也/下69ウy392
  
-としのぶが、まさしうかたりし事也。 


text/yomeiuji/uji163.txt · 最終更新: 2019/11/09 13:08 by Satoshi Nakagawa