Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第163話(巻13・第3話)俊宣、迷神に合ふ事

俊宣合迷神事

俊宣、迷神に合ふ事

今はむかし、三条院の八幡の行幸に、左京属にて、くにのとしのぶといふ物の供奉したりけるに、長岡に寺戸と云所の程いきけるに、人どもの、「このへんには、まよひ神あんなるへんぞかし」といひつつわたる程に、「としのぶも、さきくわ」といひて行程に、過もやらで、日もやうやうさがれば、いまは山崎のわたりには行つきぬべきに、あやしうおなじ長岡のへんをすぎて、おとくに川のつらを行と思へば、又、寺戸の岸をのぼる。寺戸過て、又ゆきもてゆきて、おとくに川のつらにきてわたるぞと思へば、又すこし桂川をわたる。

やうやう日も暮がたになりぬ。しりさきみれども、人ひとりもみえずなりぬ。しりさきに、はるかにうちつづきたりつる人もみえず。夜の深ぬれば、寺戸の西のかたなる、いた屋の軒におりて、夜をあかして、つとめて思へば、「我は左京の官人なり。九条にてとまるべきに、かうまできつらん。きはまりてよしなし。それに、おなじ所を、夜一夜めぐりありきけるは、九条の程より、まよはし神のつきて、いてくるをして、かうしてけるなめり」とおもひて、明てなん西京の家には帰きたりける。

としのぶが、まさしうかたりし事也。

text/yomeiuji/uji163.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa