ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji162

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji162 [2014/10/12 02:19]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji162 [2019/11/09 12:39] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **元輔、落馬の事** **元輔、落馬の事**
  
-いまはむかし、哥よみの元輔、くらのすけになりて、賀茂祭の使しけるに、一条大路わたりける程に、殿上人の車おほくならべたてて、物見けるまへわたる程に、おいらかにてはわたらで、「人見給に」と思て、馬をいたくあをりければ、馬くるひて落ぬ。年老たるものの、頭をさかさまに落ぬ。君達「あないみじ」と見る程に、いととくおきぬれば、冠ぬげにけり。鳥つゆなし。ただほとぎをかつぎたるやうになん有ける。+===== 校訂文 =====
  
-馬副手まどひをして冠をとりてきせさすれどろざまかきて「あなさはがし。しばしまて。君達きこゆべき事あり」とて、殿上人どもの車に歩よる。日のさしたるに、頭きらとて、いみじうみぐるし。大路のもの市をなしわらひののしる事限なし+今は昔歌詠みの元輔((清原元輔))、内蔵助(くらのすけ)になりて、賀茂祭の使(つかひ)けるに、一条大路渡りけるほどに、殿上人の車、多く並べ立てて、物見けるほどに、おいかにては渡で、「人見給ふに」思ひて、馬をたくあふりければ、馬狂ひ落ちぬ
  
-車、桟敷物どもひののしるに、一の車のかたざまに歩よりていふやう、「君達この馬よりおちて冠おしたをばおこなりや思給。しかおもひ給まじ。其故は心せある人だにもつまづきたをるる事は常の事也まして馬は心ある物にあらず。此大路はいみじう石たかし。馬は口をはりれば、あゆまんと思に、あゆまれず。引くるめかせば、たをれなんとす。馬をしと思べきにあらず。から鞍はさらな、鐙のかくうべくもあらずそれにはいたくつづけば落ぬ。それわろからず。又、冠のおつるは、物してゆふ物にあらず。髪よくかき入たるにとらへらるる物な。そびんはうせたればひたぶるになし。されおちん冠、うらむべきやうなし。又、例なきにあらず。なにのおとどは大嘗会御禊おつなに中納言はその時の行幸おつ。かくのごとくの例もかんがへやるべからず。しかれば案内もしり給はぬ此比のわか公達、わひ給べにあず。笑たまはば、かへりておこなるべ」とて、車ごとに手をおりつつかぞへてひきかすかくごとくいひはてて「冠もてこいひて、ん取てさ入れける+年老いたる者の、頭(かし)を逆さまに落ちぬ。君達、「あないみじ」ほどにいとく起きぬれば、冠脱げけり髻(とどり)つゆなし。ただぎをかづたるやなんありける。馬副(うぞひ)手まどひをして、冠をて着せさす後ろざまかきて「あ騒がし。ばし待て君達聞こゆべきことり」て、殿上人もの車歩み寄るさしたるに、きらきらして、いみじう見苦し大路市をなし笑ひののしることかぎりなし。
  
-その時に、どよみてわらひののしる事限なし冠せさすとてよりて馬ひのいはく、「おち給則冠をたてまつらで、かくよしなし事は仰らるるぞ」といひければ、「しれ事ないひそかく道理をいひきかせたらこそこの君達はのちのちにもわらはらめさら口さなき君達はなく笑なん物をやぞ、いひける+車、桟敷の者ども、笑ひののしるに、一つの車の方ざまに歩み寄りて言ふやう、「君達、この馬より落ちて、冠落したるをば、をこなりとや思ひ給ふ。しか思ひ給ふまじ。そのゆゑは、心ばせある人だにも、物につまづき倒るることは、常のことなり。まして、馬は心あるものにもあらず。この大路はいみじう石高し。馬は口を張りたれば、歩まんと思ふだに歩まれず。と引きかう引き、くるめかせば、倒れなんとす。馬を悪しと思ふべきにあらず。唐鞍(からくら)はさらなる、鐙(あぶみ)のかくうべくもあらず。それに、馬はいたくつまづけば落ちぬ。それ、悪(わろ)からず。また、冠の落つるは、ものして結ふものにあらず。髪をよくかき入れたるに、取らへらるるものなり。それに、鬢(びん)は失せにたれば、ひたぶるになし。されば落ちん冠、恨むべきやうなし。また、例なきにあらず。何の大臣(おとど)は、大嘗会の御禊に落つ。何の中納言は、その時の行幸に落つ。かくのごとくの例も、考へやるべからず。しかれば、案内も知り給はぬ、このごろの若き公達、笑ひ給ふべきにあらず。笑ひ給はば、かへりてをこなるべし」とて、車ごとに手を折りつつ数へて、言ひ聞かす。かくのごとく言ひはてて、「冠持て来(こ)」と言ひてなん、取りてさし入れける。 
 + 
 +その時に、どよみて笑ひののしることかぎりなし。冠せさすとて、寄りて馬副のいはく、「落ち給ふ、すなはち冠を奉らで、などかくよしなしごとは仰せらるるぞ」と言ひければ、「しれごとな言ひそ。かく道理を言ひ聞かせたらばこそ、この君達は後々にも笑はざらめ。さらずは、口さがなき君達は長く笑ひなんものをや」とぞ、言ひける。 
 + 
 +人笑はすること役(やく)にする者なりけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  いまはむかし哥よみの元輔くらのすけになりて賀茂祭の使 
 +  しけるに一条大路わたりける程に殿上人の車おほくならへたてて 
 +  物見けるまへわたる程においらかにてはわたらて人見給にと思て 
 +  馬をいたくあをりけれは馬くるひて落ぬ年老たるものの頭を 
 +  さかさまに落ぬ君達あないみしと見る程にいととくおきぬれは冠 
 +  ぬけにけり本鳥つゆなしたたほときをかつきたるやうになん有ける 
 +  馬副手まとひをして冠をとりてきせさすれとうしろさまに 
 +  かきてあなさはかししはしまて君達にきこゆへき事ありとて 
 +  殿上人ともの車の前に歩よる日のさしたるに頭きらきらと 
 +  していみしうみくるし大路のもの市をなしわらひののしる事 
 +  限なし車桟敷の物ともわらひののしるに一の車のかたさまに 
 +  歩よりていふやう君達この馬よりおちて冠おとしたるを 
 +  はおこなりとや思給しかおもひ給まし其故は心はせある人たにも/下68オy389 
 + 
 +  物につまつきたをるる事は常の事也まして馬は心ある物にも 
 +  あらす此大路はいみしう石たかし馬は口をはりたれはあゆまんと 
 +  思たにあゆまれすとひきかう引くるめかせはたをれなんとす馬を 
 +  あしと思へきにあらすから鞍はさらなる鐙のかくうへくもあらす 
 +  それに馬はいたくつまつけは落ぬそれわろからす又冠のおつるは物して 
 +  ゆふ物にあらす髪をよくかき入たるにとらへらるる物なりそれにひんはうせに 
 +  たれはひたふるになしされはおちん冠うらむへきやうなし又例なきにあらす 
 +  なにのおととは大嘗会の御禊におつなにの中納言はその時の行幸 
 +  におつかくのことくの例もかんかへやるへからすしかれは案内もしり給は 
 +  ぬ此比のわかき公達わらひ給へきにあらす笑たまははかへりておこ 
 +  なるへしとて車ことに手をおりつつかそへていひきかすかくのことく 
 +  いひはてて冠もてこといひてなん取てさし入けるその時にとよみて 
 +  ​わらひののしる事限なし冠せさすとてよりて馬ひの/下68ウy390 
 + 
 +  ​いはくおち給則冠をたてまつらかくよしなし事は 
 +  ​仰らるるといひけれしれ事ないひそかく道理をいひきかせ 
 +  ​たらこそこの君達はのちのちにもわらはらめさらは口さなき 
 +  ​君達はなく笑なん物をやといひける人わらはする事役にするもの也けり/下69オy391
  
-人わらはする事役にするもの也けり。 


text/yomeiuji/uji162.txt · 最終更新: 2019/11/09 12:39 by Satoshi Nakagawa