ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji158

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji158 [2014/10/12 02:17]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji158 [2019/10/26 00:00] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **陽成院の妖物の事** **陽成院の妖物の事**
  
-今はむかし、陽成院おり居させ給ての御所は、宮よりは北、西洞院よりはにし、油小路よりは東にてなんありける。そこは物すむ所にてなんありける。+===== 校訂本文 =====
  
-大なる池のありける釣殿に、番のものねたりければ、夜中に、ほそぼそとある手にて、男のかほを、そとそとなでけり。「けむつかし」と思て、太刀をきて、かたてにてつかみたりければ、浅黄の上下たるの、のほかに物わびしげなるが、「はこれ、昔住しぬしなり。浦島の子がおとと。いにしへより、所にみて、千二百余年になるねがはくはゆるし給へ。ここに社を造て、いはひ給へ。さらば、いかにもまもりたてつりらんといひけるを、「我心ひとつにてはかなはじ。このよしを院へ申てこそはといひければ、「にくき男のいひ事かなとて三たまへけあけあしてなへなへくたくたとなしておつる所を口をあきてくひたりけり+今は昔、陽成院((陽成天皇))おりゐさせ給ひての御所は、宮よりは北、西洞院よりは西、油小路よりは東にてなんありける。そこはもの住む所にてなんありける。 
 + 
 +なる池のありける釣殿に、番の者寝たりければ、夜中ばかりに、細々とある手にて、この男のを、そとそとなでけり。「けむつかし」と思て、太刀をきて、片手にてつかみたりければ、浅黄(あさぎ)の上下(かみしも)着たるの、ことのほかに物わびしげなるがやう、「われはこれ、昔住主(ぬし)なり。浦島の子が弟(おとと)なり。いにしへより、この所にみて、千二百余年になるなりはくはし給へ。ここに社を造て、いはひ給へ。さらば、いかにも守り奉らん」と言ひけるを、「わが心一つにてはかなはじ。このよしを院へ申してこそは」と言ひければ、「憎き男の言ひごとかな」とて、三度(みたび)上ざへ蹴上げ蹴上げして、なへなへくたくたとなして、落つる所を口を開きて食ひたりけり。なべての人ほどなる男と見るほどに、おびたたしく大きになりて、この男をただ一口に食ひてけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今はむかし陽成院おり居させ給ての御所は宮よりは北西洞院 
 +  よりはにし油小路よりは東にてなんありけるそこは物すむ所にて 
 +  なんありける大なる池のありける釣殿に番ののねたけれは 
 +  夜中斗にほそほそとある手にて此男のかほをそとそとなてけり 
 +  けむつかしと思て太刀をぬきてかたてにてかみたけれは浅 
 +  黄の上下きたる叟の事のほかに物わひしけなるかいふ様我は 
 +  これ昔住しぬしなり浦島の子かおとと也いにしへより此所に 
 +  すみて千二百余年になる也ねかはくはゆるし給へここに社を 
 +  造ていはひ給へさらはいかにもまもりたてまつらんといひけるを 
 +  ​我心ひとつにてはかなはこのよしを院へ申てこそはといひけれにく/下65オy383 
 + 
 +  ​き男のいひ事かなとて三たまへけあけあしてなへなへ 
 +  ​くたくたとなしておつる所を口をあきてくひたりけりなへての人 
 +  程なる男とみる程におひたたしく大に成てこの男をたた一口に食てけり/下65ウy384
  
-なべての人、程なる男とみる程に、おびただしく大に成て、この男を、ただ一口に食てけり。 


text/yomeiuji/uji158.txt · 最終更新: 2019/10/26 00:00 by Satoshi Nakagawa