Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第158話(巻12・第22話)陽成院の妖物の事

陽成院妖物事

陽成院の妖物の事

今はむかし、陽成院おり居させ給ての御所は、宮よりは北、西洞院よりはにし、油小路よりは東にてなんありける。そこは物すむ所にてなんありける。

大なる池のありける釣殿に、番のものねたりければ、夜中斗に、ほそぼそとある手にて、此男のかほを、そとそとなでけり。「けむつかし」と思て、太刀をぬきて、かたてにてつかみたりければ、浅黄の上下きたる叟の、事のほかに物わびしげなるがいふ様、「我はこれ、昔住しぬしなり。浦島の子がおとと也。いにしへより、此所にすみて、千二百余年になる也。ねがはくはゆるし給へ。ここに社を造て、いはひ給へ。さらば、いかにもまもりたてまつりらん」といひけるを、「我心ひとつにては、かなはじ。このよしを院へ申てこそは」といひければ、「にくき男のいひ事かな」とて三たび上ざまへけあげけあげして、なへなへくたくたとなして、おつる所を、口をあきてくひたりけり。

なべての人、程なる男とみる程に、おびただしく大に成て、この男を、ただ一口に食てけり。

text/yomeiuji/uji158.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa