Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第157話(巻12・第21話)或上達部、中将之時、召人に逢ふ事

或上達部中将之時逢召人事

或上達部、中将之時、召人に逢ふ事

いまはむかし、上達部のまだ中将と申ける、内へまいり給道に、法師をとらへていていきけるを、「こは、なに法しぞ」ととはせければ、「年比仕はれて候、主をころして候物なり」といひければ、「誠に罪をもきわざしたるものにこそ。心うきわざしたる物かな」となにとなくうちいひて過給けるに、此法師、あかき眼なる目の、ゆゆしくあしげなるして、にらみあげたりければ、「よしなき事をもいひてけるかな」とけうとくおぼして、過給けるに、又男をからめていきけるを、「こは、なに事したる物ぞ」と、こりずまに問ければ、「人の家に追入られて候つる男は逃てまかりぬれば、これをとらへてまかるなり」といひければ、「別の事もなきものにこそ」とてそのとらへたる人をみしりたれば、こひゆるしてやり給。

大かた、此心ざまして、人のかなしきめをみるにしたがひて、たすけ給ける人にて、はじめの法師も、事よろしくは、こひゆるさんとて、問給けるに、罪のことの外をもければ、さの給けるを、法師はやすからず思ける。さて、程なく大赦のありければ、法しもゆりにけり。

さて、月あかかりける夜、みな人はまかで、あるはねいりなどしけるを、此中将月にめでて、たたずみ給ける程に、「ものの築地をこえておりける」とみ給ほどに、うしろよりかきすくひて、飛やうにして出ぬ。あきれまどひて、いかにもおぼしわかぬ程に、おそろしげなる物きつどひて、はるかなる山の、けはしくおそろしき所へいていきて、此木1)のあみたるやうなる物を、たかくつくりたるにさしをきて、「さかしらする人をば、かくぞする。やすき事は、ひとへに罪をもくいひなして、かなしきめみせしかば、そのたうにあぶりころさんずるぞ」とて、火を山のごとく焼ければ、夢などをみる心ちして、わかくきびはなる程にてはあり、物おぼえ給はず、あつさはただあつさに成て、ただかた時にしぬべきおぼえ給けるに、山のうへより、ゆゆしきかぶら矢を射おこせければ、あるものども、「こはいかに」とさはぎけるほどに、雨のふるやうに射ければ、これら、しばしは此方よりも射けれど、あなたには人の数おほく、えいあふべくもなかりけるにや、火のゆくゑもしらず、いちらされて逃ていにけり。

そのおり、男ひとりいできて、「いかにおそろしくおぼしめしつらん。をのれは、その月のその日、からめられてまかりしを、御とくにゆるされて、よにうれしく、『この御恩むくひまいらせばや』と思候つるに、法師の事は、あしく仰せられたりとて、日比うかがひまいらせ候つるをみて候程に、『つげまいらせばや』と思ながら、『我身かくて候へば』と思候つる程に、あからさまに、きと立はなれまいらせ候つる程にかく候つれば、築地をこえて出候つるに、あひまいらせ候つれども、そこにてとりまいらせ候はば、『殿も御疵などもや候はんずらん』と思て、ここにてかく射はらひて、取まいらせ候つるなり」とて、それより馬にかきのせ申て、たしかにもとの所へをくり申てんげり。ほのぼのと明る程にぞ帰給ける。

年おとなになり給て、「かかる事にこそ、あひたりしか」と人にかたり給けるなり。四条大納言の事と申は、まことやらん。

1)
傍注「シバ」
text/yomeiuji/uji157.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa