ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji155

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji155 [2014/10/12 02:16]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji155 [2019/10/23 23:28] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **宗行が郎等、虎を射る事** **宗行が郎等、虎を射る事**
  
-いまはむかし、壱岐守宗行が郎等を、はかなき事によりて、主の殺さんとしければ、小舟に乗て逃て、新羅国へ渡りて、隠てゐたりける程に、新羅のきんかいといふ所の、いみじうののしりさはぐ。+===== 校訂本文 =====
  
-「なに事ぞ」ととへば「虎のこうに入てくらふ也」といふ。此男とふ、「とらいくつばりあるぞ」。「ただ一あるが、俄いできて、人をくらひて、逃ていきいきするな」と云をききて、此男いふ様「あの虎、一矢を射しなばや。虎かしこくは、共にこそしなめ。ただむなしうはいかでかくらはれん。此の人は兵の道わろきにこそはあめ」といひけるを、人ききて、国守に、「かうかう事をこそ、此日本人申せ」といひければ、「かしこな。よべ」とへば、人きて「めしあり」といへばいり+今は昔壱岐守宗行が郎等をはかなきことにりて、殺さんとしければ小舟乗り逃げて、新羅へ渡りててゐたりけるほどに、新羅金海(かい)といふ所の、いみじうののし騒ぐ
  
-まことにや、この虎の人くふを『やすく射ん』とは申なる」と、とはれければ「しか申候はぬ」とこたふ。守、「いかでかかるをば申ぞ」とへば此男の申やう、「の国の人は『我身をばまたくして敵をば害せん』と思たれば、おぼろげにて、かやうのたけき獣などには、我みの損ぜられぬべければ、まかりあはぬにこそ候めれ。日本のは、いかにも我身きになしてまかあへば、よき事も候めり。弓矢にたづさはらん物、なにしかは、我みを思はん事は候はん」と申けれ守、「さて、虎をばかならず射ろしてんや」といひければ、「我身いき、いかずはしらず、必かれをば射とり侍なん」と申せば、「いと、いみじうかしこき事かな。さらば、必、かまへて射よ。いみじき悦せん」といへば、おのこ申やう、「さても、に候ぞ。人を、いやうにてくひ侍ぞ」と申せば、守のいはく、いかなおりにかあるらん。こうの中入きて、人ひとりを頭を食て、肩にうちかけなり」とこの男申やう「さても、いかにしてかくひ候」ととへば、人ふやう、「虎は先人をくはんとては、猫の鼠をうかがふやうにひきふして、しばし斗ありて、大口あきてとびかかりて、頭をくひて肩にうちけてはりさる」といふ。「とてもかても、さ一矢射てこそは、らはれ侍らめのあり所をしへよ」といへば「これより西に廿余町のきて、をの畠あり。それなんふす也。人おぢて、あへてそのわたりにゆず」といふ。「おれ、ただしり侍らずも、なたをさしてまからん」といひて調度をいていぬ。新羅人々「日本。虎にくらはれ」と集りしりり。+事ぞ」とへば、「の国府(こう)入りて、人を食らふなり」と言ふ。この男(おのこ)問ふ、「虎はいくばかりあるぞ」とただ一つあが、かに出で来て、人を食らひて、逃げ行き行きするなり」と言ふを聞きて、この男のふやう、「あの虎にひて、一矢死なばや。虎、かしくは、ともにこそ死なめ。ただむなしうは、いかでか食らはれ人は、兵(つはもの)の道悪(わろ)きにこそはめれ」と言ひけるを人聞きて、国守に、うかうをこそ、の日本人申せ」と言ひければかしこきことか。呼べ」と言へば、人来、「召」と言へば、参
  
-かくて此男は、虎のあり所ひききて行てみれば、ことをのはたはるりたり。をのたけ四五尺斗り。その中をわけ行てみれば、まこ虎臥たり矢げて、かた膝たててゐたり。虎、香をぎてがりて猫のねずみうかがふやうにてを、おのこ矢をはげて、をでゐたれば、大口をあきておどりて、おのこのうへにかつよくて、うへにかりに、やがて矢をなちたればとがひたよりうなじに七八寸ばかり、とが矢を射出しつ。虎さかさま臥て、あがくを、かりまきつがひて、二たび腹をいる。二たびながら、土射つけて、つゐに殺し、矢で国府に帰て、守にかうかう射ころしつるよしをいふに守感じののりて、おほくの人をぐして、虎のもとまこに箭三ほされたり。みるに、いといみじ+「まことにやこの虎の人食ふを、『やすく射ん』は申すなる」と問はれければ、「しか申し候ひぬ」と答ふ。守、「いかで、かかることをば申すぞ」と問へば、こ男の申すやう、「この国の人『わが身をば全(ま)くして敵を害せん』ひたれば、おぼろげにて、かやう猛(たけ)き獣どには、が身の損ぜられぬべければ、まかり合はぬにそ候ふめれ。日本の人は、いかもわが身をばなきになしてまかあへば、よきこも候ふめ。弓にたづさらん者なにしは、わが身思はんことは候はん」と申しければ((底本「ば」なし。諸本によ補う))、守、「さて、をば必ず射殺してんや」と言ひければ「わが身生き生ずは知らず、必ずかれをば射取り侍りなん」と申せばといみじうかしこきことかな。さかまへて射よ。いじき悦びせん」と言へば、男申や、「さても、いづくに候ぞ。人をば、いかやうにて食ひ侍ぞ」せば、守のいはく「いかなる折にからん国府中に入り来て人一人頭を食ひて、うちけて去」と。この男申すやう「さても、いかしてか食ひ候ふ」と問へば人の言ふう、「虎は、まづ人を食はんては、猫の鼠をうかふやうにれ伏しばしばかりりて、大口開き飛びかかりて、頭ひて、うちかけて走り去る」と言ふ。「とてもかさはれ一矢そは食らはれ侍らめ。そ所教へよ」と言へば、「これより西に二十余町のきて、麻(を)畠あり。それになん臥すなり。怖(お)ぢて、へてそのわたりに行かず」と言ふ。「おのれ、ただ知り侍らずも、そたを指してまかん」言ひて調度負ひてぬ。新羅の人々、「日本の人ははかなし。虎に食らはれなん」集まりてそしりけり
  
-に、百千の虎おこりてかかるとも、日本の人十人ばかり馬にてむかひて射ば、虎なにわざをかせん。国の人は、一尺ばかりの矢に、きりのやうなる矢じりをすげて、それに毒をりてれば、つにはその毒のゆぬれども、たちまちにその庭に射するはえせず。日本人は、命死なんをも、露おしまず、大なる矢にてれば、庭にいころしつるを、兵の道は、日本の人にはあたるべくもあらず。されば、いよいよ、「いみじうおそろしくおゆる国也とておけり+かくて、この男は、虎のあり所問ひ聞きて、行きて見れば、まことに麻(を)の畠、はるばると生ひわたりたり。麻のたけ四・五尺ばかりなり。その中を分け行きて見れば、まことに虎臥したり。尖り矢をはげて、片膝を立ててゐたり。虎、人の香をかぎて、つい平(ひら)がりて、猫の鼠うかがふやうにてあるを、男、矢をはげて、音もせでゐたれば、虎、大口を開きて踊りて男の上にかかるを、男、弓を強く引きて、上にかかる折に、やがて矢を放ちたれば、おとがひの下より、うなじに七・八寸ばかり、尖り矢を射出だしつ。虎、さかさま臥して、倒れてあがくを、雁股(かりまた)をつがひて、二度(ふたたび)腹を射る。二度ながら土に射付けて、つひに殺して、矢も抜かで、国府に帰りて、守にかうかう射殺しつるよしを言ふに、守、感じののしりて、多くの人を具して、虎のもとへ行きて見れば、まことに矢三つながら射通されたり。見るに、いといみじ。 
 + 
 +まことに、百千の虎おこりてかかるとも、日本の人十人ばかり馬にてひて射ば、虎なにわざをかせん。この国の人は、一尺ばかりの矢に、錐(きり)のやうなる矢じりをすげて、それに毒をりてれば、つにはその毒のゆぬれども、たちまちにその庭に射することはえせず。日本人は、わが命死なんをもつゆ惜しまず、大なる矢にてれば、その庭に射殺しつ、なほ兵の道は、日本の人にはあたるべくもあらず。されば、いよいよ、「いみじう恐しく覚ゆる国なり」とて怖ぢけり。 
 + 
 +さて、この男をば、なほ惜しみとどめて、いたはりけれども、妻子を恋ひて、筑紫に帰りて、宗行がもとに行きて、そのよしを語りければ、「日本の面(もて)おこしたる者なり」とて、勘当も許してけり。多くの物ども、禄に得たりける、宗行にも取らす。 
 + 
 +おほくの商人ども、新羅の人の言ふを聞き継ぎて語りければ、筑紫にも、この国の人の兵は、いみじき者にぞしけるとか。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  いまはむかし壱岐守宗行か郎等をはかなき事によりて主の 
 +  殺さんとしけれは小舟に乗て逃て新羅国へ渡りて隠てゐ 
 +  たりける程に新羅のきんかいといふ所のいみしうののしりさはくなに 
 +  事ととへは虎のこうに入て人をくらふ也といふ此男とふ 
 +  とらはいくつはかりあるそとたた一あるか俄にいてきて人をくらひ 
 +  て逃ていきいきするなりと云をききて此男のいふ様あの虎に合 
 +  て一矢を射てしなはや虎かしこくは共にこそしなめたたむなしうは/下60ウy374 
 + 
 +  いかてかくらはれん此国の人は兵の道わきにこそはあめれといひ 
 +  けるを人ききて国守にかうかうの事をこそ此日本人申せといひ 
 +  けれはかこき事かなよへといへは人きてめしありといへはまいりぬ 
 +  まことにやこの虎の人ふをやすく射んとは申なるととはれ 
 +  けれはしか申候ぬとこたふ守いかてかかる事をは申そととへは 
 +  此男の申やうこの国の人は我身をはまたくして敵をは害せんと 
 +  思たれはほろけにてかやうのたけき獣なとには我みの損 
 +  せられぬへけれはまかりあはぬにこそ候めれ日本の人はいかにも我身をは 
 +  なきになしてまかりあへはよき事も候めり弓矢にたつさはらん 
 +  物なにしかは我みを思はん事は候はんと申けれ守さて虎をは 
 +  かならす射ころしてんやといひけれは我身のいきいかすはしらす 
 +  必かれをは射とり侍なんと申せはいといみしうかしこき事かな 
 +  さらは必かまへて射よいみしき悦せんといへはおのこ申やう/下61オy375 
 + 
 +  さてもいつくに候そ人をはいかやうにてくひ侍そと申せは守 
 +  のいはくいかなるおりにかあるらんこうの中に入きて人ひとりを 
 +  頭を食て肩にうちかけて去なりとこの男申やうさてもいかに 
 +  してかくひ候ととへは人のいふやう虎は先人をくはんとては猫の 
 +  鼠をうかかふやうにひれふしてしはし斗ありて大口をあきて 
 +  とひかかりて頭をくひて肩にうちかけてはしりさるといふ 
 +  とてもかくてもさはれ一矢射てこそはくらはれ侍らめその虎の 
 +  あり所をしへよといへはこれより西に廿余町のきてをの畠ありそれに 
 +  なんふす也人おちてあへてそのわたりにゆかすといふおのれたたしり 
 +  侍らすともそなたをさしてまからんといひて調度をいていぬ 
 +  新羅の人々日本の人ははかなし虎にくらはれなんと集りて 
 +  そしりけりかくて此男は虎のあり所とひききて行てみれは 
 +  まことにをのはたけはるはるとおひわたりたりをのたけ四五尺/下61ウy376 
 + 
 +  斗なりその中をわけ行てみれはまことに虎臥たりとかり矢 
 +  をはけてかた膝をたててゐたり虎人の香をかきてついひら 
 +  かりて猫のねすみうかかふやうにてあるをおのこ矢をはけてをとも 
 +  せてゐたれは虎大口をあきておとりておのこのうへにかかるを 
 +  おのこ弓をつよくひきてうへにかかるおりにやかて矢をはなちたれ 
 +  はおとかひのしたよりうなしに七八寸はかりとかり矢を射出しつ虎 
 +  さかさま臥てたをれてあかくをかりまたをつかひて二たひ腹を 
 +  いる二たひなから土に射つけてつゐに殺して矢もぬかて国府 
 +  に帰て守にかうかう射ころしつるよしをいふに守感しのの 
 +  しりておほくの人をくして虎のもとへ行てみれはまことに 
 +  箭三なから射とほされたりみるにいといみし誠に百千の虎 
 +  おこりてかかるとも日本の人十人はかり馬にてをしむかひて 
 +  射は虎なにわさをかせん此国の人は一尺はかりの矢にきりのやうなる/下62オy377 
 + 
 +  矢しりをすけてそれに毒をぬりていれはつゐにはその毒の 
 +  ゆへにしぬれともたちまちにその庭に射ふする事はえせす日本 
 +  人は我命死なんをも露おします大なる矢にていれは其庭にいこ 
 +  ろしつなを兵の道は日本の人にはあたるへくもあらすされはいよいよ 
 +  いみしうおそろしくおほゆる国也とておけりさて此おのこをは 
 +  猶おしみととめていたはりけれとも妻子を恋て筑紫に帰て宗行 
 +  かもとに行てそのよしをかたりけれは日本のおもておこしたる物 
 +  なりとて勘当もゆるしてけりおほくの物とも禄にえたりける 
 +  宗行にもとらすおほくの商人とも新羅の人のいふをききつきて 
 +  かたりけれは筑しにも此国の人の兵はいみしき物にそしけるとか/下62ウy378
  
-さて、此おとこをば、猶おしみとどめていたはりけれども、妻子を恋て、筑紫に帰て、宗行がもとに行て、そのよしをかたりければ、「日本のおもておこしたる物なり」とて、勘当もゆるしてけり。おほくの物ども、禄にえたりける。宗行にもとらす。おほくの商人ども、新羅の人のいふをききつぎて、かたりければ、筑紫にも、此国の人の兵はいみじき物にぞしけるとか。 


text/yomeiuji/uji155.txt · 最終更新: 2019/10/23 23:28 by Satoshi Nakagawa