Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第153話(巻12・第17話)鄭大尉の事

鄭大尉事

鄭大尉の事

今はむかし、おやに孝する物ありけり。朝夕に木をこりて、親をやしなふ。孝養の心、空にしられぬ。

梶もなき舟に乗て、向の島に行に、朝には南の風ふきて、北の島に吹つけつ。夕は又舟に木をこり入てゐたりければ、北の風吹て家にふきつけつ。

かくのごとく、する程に、年比になりて大やけにきこしめして、大臣になしてめしつかはる。その名を鄭大尉とぞいひける。

text/yomeiuji/uji153.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa