Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第149話(巻12・第13話)貫之、哥の事

貫之哥事

貫之、哥の事

今は昔、貫之の土左守になりて、くだりて有ける程に、任はてのとし、七八ばかりの子の、えもいはずおかしげなるを、かぎりなくかなしうしけるが、とかくわづらひて失にければ、泣まどひて、やまひづく斗おもひこがるる程に、月比になりぬれば、「かくてのみあるべき事かは。のぼりなん」とおもふに、「ちごのここにてなにとありしはや」など思いでられて、いみじうかなしかりければ、柱に書付ける

宮こへとおもふにつけてかなしきはかへらぬ人のあればなりけり

と、かきつけたりける歌なん、いままでありける。

text/yomeiuji/uji149.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa