ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji147

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji147 [2019/10/04 23:41]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji147 [2019/10/04 23:55] (現在)
Satoshi Nakagawa [第147話(巻12・第11話)樵夫の小童、隠し題の歌読む事]
ライン 5: ライン 5:
  
 **樵夫の小童、隠し題の歌読む事** **樵夫の小童、隠し題の歌読む事**
 +
 +===== 校訂本文 =====
  
 今は昔、隠し題をいみじく興ぜさせ給ひける御門の、「篳篥(ひちりき)」を詠ませられけるに、人々悪(わろ)く詠みたりけるに、木樵(こ)る童の、暁、山へ行くとて、言ひける、「このごろ篳篥を詠ませ給ふなるを、人のえ詠み給はざんなる。童こそ詠みたれ」と言ひければ、具して行く童部、「あな、おほけな。かかることな言ひそ。さまにも似ず。いまいまし」と言ひければ、「などか必ずさまに似ることか」とて、 今は昔、隠し題をいみじく興ぜさせ給ひける御門の、「篳篥(ひちりき)」を詠ませられけるに、人々悪(わろ)く詠みたりけるに、木樵(こ)る童の、暁、山へ行くとて、言ひける、「このごろ篳篥を詠ませ給ふなるを、人のえ詠み給はざんなる。童こそ詠みたれ」と言ひければ、具して行く童部、「あな、おほけな。かかることな言ひそ。さまにも似ず。いまいまし」と言ひければ、「などか必ずさまに似ることか」とて、


text/yomeiuji/uji147.txt · 最終更新: 2019/10/04 23:55 by Satoshi Nakagawa