ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji147

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji147 [2014/10/12 02:13]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji147 [2019/10/04 23:55] (現在)
Satoshi Nakagawa [第147話(巻12・第11話)樵夫の小童、隠し題の歌読む事]
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第147話(巻12・第11話)樵夫の小童、隠題の読む事 ======+====== 第147話(巻12・第11話)樵夫の小童、隠題の読む事 ======
  
 **樵夫小童隠題哥読事** **樵夫小童隠題哥読事**
  
-**樵夫の小童、隠題の読む事**+**樵夫の小童、隠題の読む事**
  
-今はむかし、かくし題をいみじく興ぜさせ給ける御門の、ひちりきをよませられけるに、人々わろくよみたりけるに、木こる童の、暁、山へ行とて、いひける。+===== 校訂本文 =====
  
-「この、篳篥をませ給なるを、人のえみ給はざんなる。童こそみたれ」とひければ、して行童部、「あな、おほな。かかるひそ。さまにもず。いまいまし」とひければ、「などかかならずさまにか」とて、+今は昔、隠し題をいみじく興ぜさせ給ひける御門の、篳篥(ひちりき)」を詠ませられけるに、人々悪(わろ)く詠みたりけるに、木樵()る童の、暁、山へ行くとて、言ひける、「このごろ篳篥をませ給なるを、人のえみ給はざんなる。童こそみたれ」とひければ、して行童部、「あな、おほな。かかることひそ。さまにもず。いまいまし」とひければ、「などかずさまにことか」とて、
  
-めぐりる春々ごとにさくらいくたびちりき人にはばや+  めぐりる春々ごとに桜花(さくらばな)いくたびちりき人にはばや
  
-と、いひたりける+言ひたりける。さまにも似ず思ひがけずぞ。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今はむかしかくし題をみしく興せさせ給ける御門のちりきを 
 +  よませられけるに人々わろくよみたりけるに木こる童の暁山へ 
 +  行とていひけるこの比篳篥をよませ給なるを人のえよみ 
 +  給はさんなる童こそよみたれといひけれはくして行童部あなおほ 
 +  けなかかる事ないひそさまにもにすいまいましといひけれはなとか 
 +  かならすさまににる事かとて 
 +    めくりくる春々ことにさくら花いくたひちりき人にとははや 
 +  といひたりけるさまにもにすおもひかけすそ/下57ウy368
  
-さまにもにず、おもひがけずぞ。 


text/yomeiuji/uji147.1413047615.txt.gz · 最終更新: 2014/10/12 02:13 by Satoshi Nakagawa