ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji147

宇治拾遺物語

第147話(巻12・第11話)樵夫の小童、隠題の哥読む事

樵夫小童隠題哥読事

樵夫の小童、隠題の哥読む事

今はむかし、かくし題をいみじく興ぜさせ給ける御門の、ひちりきをよませられけるに、人々わろくよみたりけるに、木こる童の、暁、山へ行とて、いひける。

「この比、篳篥をよませ給なるを、人のえよみ給はざんなる。童こそよみたれ」といひければ、ぐして行童部、「あな、おほげな。かかる事ないひそ。さまにもにず。いまいまし」といひければ、「などかかならずさまににる事か」とて、

めぐりくる春々ごとにさくら花いくたびちりき人にとはばや

と、いひたりける。

さまにもにず、おもひがけずぞ。



text/yomeiuji/uji147.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:13 by Satoshi Nakagawa