ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji146

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji146 [2014/10/12 02:13]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji146 [2019/10/04 23:28] (現在)
Satoshi Nakagawa [第146話(巻12・第10話)季直少将の哥の事]
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第146話(巻12・第10話)季直少将のの事 ======+宇治拾遺物語 
 +====== 第146話(巻12・第10話)季直少将のの事 ======
  
 **季直少将哥事** **季直少将哥事**
  
-**季直少将のの事**+**季直少将のの事**
  
-今はむかし、季直少将といふ人けり。病つきて後、すこしこたりて、内にまいりたりけり。公忠弁の掃部助にて、蔵人なりける事也。「みだり心、まだよくもこたり侍らねども、心えなくて参り侍つる。後はらねども、かくまで侍れば、あさて侍らん。よきに申させ給へ」とて、まかり出ぬ。+===== 校訂本文 ===== 
 + 
 +今は、季直少将((藤原季縄。[[:​text:​yamato:​u_yamato101|『大和物語』101段]]参照。))といふ人ありけり。病つきて後、すこしこたりて、内にりたりけり。公忠弁((源公忠))掃部助(かもんのすけ)にて、蔵人なりけるころことなり。「り心、まだよくもこたり侍らねども、こころもとなくて参り侍つる。後はらねども、かくまで侍れば、あさてばかりまた侍らん。よきに申させ給へ」とて、まかり出ぬ。
  
 三日ばかりありて、少将のもとより 三日ばかりありて、少将のもとより
  
-くやしくぞ後にあはんと契けるけふをかりといはまし物を+くやしくぞ後に会はんと契りける今日を限りと言はましものを 
 + 
 +さて、その日失せにけり。あはれなることのさまなり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  今はむかし季直少将といふ人有けり病つきて後すこしをこた 
 +  りて内にまいりたりけり公忠弁の掃部助にて蔵人なりける比の 
 +  事也みたり心ちまたよくもをこたり侍らねとも心元くて参り 
 +  侍つる後はしらねともかくまて侍れはあさて斗に又侍らんよきに/下57オy367 
 + 
 +  申させ給へとてまかり出ぬ三日はかりありて少将のもとより 
 +    くやしくそ後にあはんと契けるけふをかりといはまし物を 
 +  さてその日うせにけりあはれなる事のさまなり/下57ウy368
  
-さて、その日うせにけり。あはれなる事のさまなり。 


text/yomeiuji/uji146.txt · 最終更新: 2019/10/04 23:28 by Satoshi Nakagawa