ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji145

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji145 [2014/10/12 02:12]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji145 [2019/09/29 21:39] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 **穀断の聖、不実露顕の事** **穀断の聖、不実露顕の事**
  
-むかし、久くおこなふ上人ありけり。五穀を断て、年来になりぬ。御門、きこしめして、神泉にあがめすへて、ことに貴み給。木の葉をのみ食ける。+===== 校訂本文 =====
  
-物笑する若公達つまて、「此聖の心みん」とて、行向ひてみるに、いとたうたげにみゆれば、「穀断、成給」と問ければ、「若よ断侍れば五十余年に罷成ぬ」といふを聞て、一人の殿上人のいはく「穀断の屎は、いか様か有らん人には、かはりたらん。いで行てみん」といへば、二三人つれて、行てみれば、穀屎を多く痢をきたり+昔、久しく行ふ上人ありけり。五ちて、年ごろぬ。御門、聞こし召して、神泉((神泉苑))にあがめすゑてこと貴み給ふ葉をのみ食ひける。
  
-やしう思て、上人の出たる隙に、「居たる下をん」とひて、畳の下を引けてれば、土をすこし掘て、布袋に米を入て置たり。公達見て、手をたたきて、「穀糞の聖穀糞の聖」と呼はりて、ののしり笑ければ、逃去にけり。+物笑ひする若公達集まりて、「この聖の心見ん」とて、行き向ひて見るに、いと貴げに見ゆれば、「穀断、幾年(いくとせ)ばかりになり給ふ」と問はれければ、「若きより断ち侍れば、五十余年にまかりなりぬ」と言ふを聞きて、一人の殿上人のいはく、「穀断の屎(くそ)は、いかうにかあるらん。例の人には変わりたるらん。いで、行きて見ん」といへば、二・三人つれて行きて見れば、穀屎を多くひりおきたり。 
 + 
 +しう思て、上人の出たる隙(ひま)に、「居たる下をん」とひて、畳の下を引き開けてれば、土をし掘て、布袋に米を入て置たり。公達見て、手をたたきて、「穀糞の聖穀糞の聖」と呼はりて、ののしり笑ければ、逃にけり。 
 + 
 +その後は行方も知らず、長く失せにけりとなん。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  むかし久くおこなふ上人ありけり五穀を断て年来になりぬ御門 
 +  きこしめして神泉にあかめすへてことに貴み給木の葉をのみ食/下56ウy366 
 + 
 +  ける物笑する若公達あつまりて此聖の心みんとて行向ひて 
 +  みるにいとたうたけにみゆれは穀断幾年斗に成給と問れけれは 
 +  若より断侍れは五十余年に罷成ぬといふを聞て一人の殿上人の 
 +  いはく穀断の屎はいか様にか有らん例の人にはかはりたるらんいて行て 
 +  みんといへは二三人つれて行てみれは穀屎を多く痢をきたりあや 
 +  しう思て上人の出たる隙に居たる下をみんといひて畳の下を引 
 +  あけてみれは土をすこし掘て布袋に米を入て置たり公達見て 
 +  手をたたきて穀糞の聖穀糞の聖と呼はりてののしり笑けれは逃去に 
 +  けり其後は行方もしらすなかく失にけりとなん/下57オy367
  
-其後は、行方もしらず。ながく失にけりとなん。 


text/yomeiuji/uji145.1413047578.txt.gz · 最終更新: 2014/10/12 02:12 by Satoshi Nakagawa