Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第143話(巻12・第7話)増賀上人、三条宮に参り振舞の事

増賀上人参三条宮振舞事

増賀上人、三条宮に参り振舞の事

むかし多武峯に増賀上人とて、貴き聖おはしけり。きはめて心武うきびしくおはしけり。ひとへに名利をいとひて、頗物くるはしくなん、わざと振舞給けり。

三条大きさいの宮、尼にならせ給はんとて、戒師のためにしにつかはされければ、「尤たうとき事也。増賀こそは、誠になしたてまるらめ」とて参けり。弟子共、「此御使を嗔て打たまひなんどやせんずらん」とおもふに、思の外に心安く参給へば、ありがたき事に思あへり。

かくて宮に参たるよし申ければ、悦てめし入て、尼になり給に、上達部、僧共、おほくまいり集り、内裏より御使などまいりたるに、此上人は、目はおそろしげなるが、体も貴げながら、わづらはしげになんおはしける。

さて、御前に召いれて、御几帳のもとに参て、出家の作法して、めでたく長き御髪をかき出して、此上人にはさませらる。御簾中に、女房達見て泣事限なし。

はさみはてて出なんとする時に、上人高声にいふやう、「僧賀をしもあながちにめすは何事ぞ。心えられ候はず。もし、きたなき物を大なりときこしめしたるか。人のよりは大に候へども、今は練きぬのやうにくたくたと成たる物を」と云に、簾の内近く候女房たち、外には公卿、殿上人、僧たち、これを聞に、あさましく、目口はだかりておぼゆ。宮の御心ちもさらなり。貴さもみなうせて、をのをの身より汗あへて、我にもあらぬ心ちす。

さて、上人、「まかり出なん」とて、袖かきあはせて「年罷よりて、風をもく成て、今はただ痢病のみ仕れば、まいるまじく候つるを、わざとめし候つれば、相構て候つる。堪がたくなりて候へば、いそぎまかりいで候なり」とて、出ざまに、西台の簀子についゐて尻をかかげて、楾の口より水をいだすやうに、ひりちらす。音高く臰1)事限なし。御前まできこゆ。わかき殿上人、笑ののしる事おびただし。僧たちは、「かかる物狂をめしたる事」と謗申けり。

か様に事にふれて、物狂に態とふるまひけれども、それにつけても貴き覚は弥まさりけり。

1)
臭の異体字
text/yomeiuji/uji143.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa