Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第142話(巻12・第6話)空也上人の臂、観音院僧正、祈り直す事

空也上人臂観音院僧正祈直事

空也上人の臂、観音院僧正、祈り直す事

むかし、空也上人申べき事ありて、一条大臣殿に参て、蔵人所に上て居たり。余慶僧正、又参会し給。

物語などし給程に、僧正の給、「其臂は、いかにして折給へるぞ」と。上人の云、「我母、物妬して、幼少の時、片手を取て投侍し程に、折て侍とぞ聞侍し。幼稚の時の事なれば覚侍らず。かしこく左にて侍る。右手折侍ましかば」と云。僧正の給、「そこは貴き上人にておはす。天皇の御子とこそ人は申せ。いとかたじけなし。御臂試に祈直し申さんは如何」。上人云、「尤悦侍べし。実に貴侍なん。これ加持し給へ」とて、近く寄れば、殿中の人々湊1)てこれをみる。その時僧正、頂より黒煙を出して加持し給に、暫ありて曲れる臂、はたとなりてのびぬ。則、右の臂のごとくに延たり。上人、泪を落して、三度礼拝す。見人、みなののめき感じ、或は泣けり。

其日、上人共に若き聖三人具たり。一人は、縄をとりあつむる聖也。道に落たりふるき縄をひろいて、壁土に加へて、古堂の破たる壁を塗事をす。一人は、瓜の皮を取集て、水に洗て獄衆に与けり。一人は、反古の落散たるを拾集て、紙に漉て、経を書写し奉る。

其反古の聖を、臂なをりたる布施に、僧正に奉りければ、悦て弟子になして、義観と名づけ給。ありがたかりける事なり。

1)
傍注「アツマリ」
text/yomeiuji/uji142.txt · 最終更新: 2014/10/12 02:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa